朝は活動できるのに、仕事後の夜に気力が出ない問題

  • 2024 年 5 月 29 日
  • 日記
  • 56view
  • 0件

あいにくの雨が続いておりまして月、火、水と自転車の朝練はお休み中です。以前は雨の日でも傘を差して、家の近所を30分ぐらい散歩していました。今はその散歩に当てていた時間にブログの更新をしているので、散歩はお休み中です。

散歩もブログ更新も朝が最適

在宅勤務が続いているので、時間的な余裕はかなりあります。F1観戦とかで深夜まで起きる日以外は、寝不足もありませんし、余暇時間もかなりあります。東京に住んで通勤をしていたころは、会社に出かけるまでの1時間でブログを更新していました。理由は単純に朝は集中して短時間に結果が出せるからで、1時間という限られた時間でそれなりに文章が書けていたんです。

それに対して散歩ですが、自分はイヤホンで「ジェーン・スーの生活は踊る」のポッドキャストを聞きながら、30分で2kmほどを歩いています。朝の散歩は太陽の光を浴びるので、脳や体が活性化するので朝がよいというのは分かっています。ただし、単に運動という意味では夜に散歩しても効果は同じだと思うのですが、どうも仕事の後に歩きに行く気になりません。

街灯の少なさと夜の刺激の少なさ

東京に住んでいた時、仕事場から家までの4kmを1時間かけて歩いて帰宅したりしていました。都心では夜でも街灯とネオンのお陰で明るいですし、周りに人もいるので安心です。混んでいる電車に乗らずにすみますし、歩いて運動にもなるので積極的に歩いていました。

それに対して今住んでいる場所は、朝の時間帯は素晴らしい自然が堪能できるのですが、夜になると街灯が少なくて寂しいのです。殆ど人気がなくなって街灯もない瓢湖の周囲は、とてもじゃないけど夜に散歩は出来ません。街灯があるところがそもそも少ないですし、何よりも車通りは多くても歩いている人がいません。朝の6時ぐらいの方が、夜の18~19時ぐらいより歩いている人が多いんです。なのでYOASOBIが夜に駆けるような場所は近所にはありません。全般的に生活がどんどん朝に偏っていくのが、地方での生活なのです。歳取ってくるとしっくりくるのですが、エネルギーが余っている若者には夜が寂しいということは辛いでしょう。

朝活の時間不足と夜の時間の持て余し

今の自分は夜の22時ぐらいには寝ますので、朝は5時には起きて活動しています。仕事が始まるまでの3時間にやりたい事が目白押しなのです。まず寒くない時期で天気が良ければ、朝練で自転車トレーニングに行きたいです。これには支度と帰宅後の着替えで、トータル1時間半ほどの時間が費やされます。トレーニングをした日は、散歩する時間は自動的に無くなります。

起きたら最初に寝室からリビング移動するのですが、食事の準備やゴミ出し、昨晩洗った食器の片付けなどの家事をダラダラとやって30分を費やします。それから30分ほどTVのニュースを見たりYouTube動画を見ながら、朝ご飯を食べたり珈琲を飲んだりします。これはダラダラとしている時間なので、自転車トレーニングに行った場合には削らざるをえません。

それらが終わって、7時半ぐらいから仕事開始するまでの1時間でこのブログを更新しています。悪天候で自転車トレーニングしなかった日はもう少し余裕が出るのですが、ついダラダラとしてしまう時間が増えてしまって、散歩よりもブログ更新の時間を優先しているのが現状です。

朝はそんな感じで時間があっという間に過ぎていくのですが、18~19時ぐらいまで仕事をした後の夜の時間の過ごし方に悩んでいます。とりあえず晩ご飯を食べて、ダラダラと動画を見たり音楽を聴いたりしてお風呂に入ります。そして少し家事を済ませて、一息ついたらリビングから寝室に引っ込んで、漫画やら本を読んで寝るという日常を繰り返しています。

整体に行く日以外は、スーパーとか外食で出かけないようになってきたので、夜の外出は減りました。なんかこんなにダラダラとしてていいのかな?と思うこともありますが、「ジェーン・スーの成果は踊る」の昨日の相談コーナーで全く同じ悩みを抱えている人がいました。

国民の殆どは夜はダラダラとしている

相談者は「予定のない夜や休日にダラダラと動画を見たり、漫画を読んだりしてしまう」という事を悩んでいるという自分と全く同じ悩みを持っています。回答者のジェーン・スーさんは、国民の98%が持っている悩みだね、と前置き。みんな面倒くさいという気持ちが先立って、特に意味もない動画をダラダラと見ちゃうし、自分もそうであるとのこと。まぁ、予定をつめつめにして自分で疲れているんだよという分析でした。

そうなんだよなぁ、自分も疲れているんだよなぁ。週末にもなんか予定を入れてないと不安だし、何も予定が入ってない日があることが苦手なんだよね。相談者さんと全く一緒だわ。全く予定を入れずにダラダラしてしまう日を許容したり、平日の夜なんか仕事で疲れているんだから、それでよいのだ!と許容した方が楽に生きられるのかもしれない。別に出かけて旅行することがリフレッシュ手段の全てではないし、なにもしないで単にダラダラすることを肯定して生きていくと楽なのかも。計画的にダラダラする日を決めるというのはどうか?という提案もありましたが、自分もやろうかな?

こんな事を自問自答しながら、仕事と付き合っていくのもあと10年を切りました。ドロップダウンせずに生活出来ているだけで立派だよね、と自分を賞賛しながら生きていこうと思います。



日記の最新記事8件