つぶあんを冷凍すると井村屋のあずきバーの食感と味

  • 2024 年 4 月 16 日
  • 日記
  • 47view
  • 0件

今日は6時前に家を出て、ロードバイクで25kmを1時間の朝練をしてきました。短パン+指切りグローブだと最初は肌寒いですが、体が温まってきて6時を過ぎて気温が上がってくると丁度よくなります。

写真は余っていた小豆1kgを茹でてつぶあんを作って、その粗熱を取っているところです。冷めたらアイラップに詰めて、袋の中で餡子を板状に伸ばして冷凍して使う時に必要分だけを取り出して解凍します。

以前、お腹が減った時に面倒になりまして冷凍庫から凍ったままの板状のつぶあんを取り出して、そのまま囓って食べてみました。何か記憶にある味と食感だな~という印象で、これがすぐに井村屋のあずきバーに味がそっくりな事に気がつきました。食感はあそこまで固くはないですが、むしろ柔らかくて食べやすかったです。

つぶあんだと凍らせても小豆の粒が柔らかいため、もう少しこしあんの成分を増やすと凍らせた時に固く仕上がるかと思います。コストと手間を考えると粒あんを自作するより、あずきバーを買ってきた方がてっとり早いのは事実なのですが、餡子を凍らせるだけで再現出来るという事実に驚きました。

話は変わりますが、昨年の夏ぐらいに近所の市営ジムに筋トレで週2~3回ほど通っていました。年で利用費用を払うと市民なら一ヶ月1000円で使い放題ですし、3ヶ月ぐらいの短期間の定期利用でも民間のジムなど比較にならないぐらい安いです。新潟市と異なり空いているので筋トレマシンも利用しやすいです。ただ、冬がきて出かけるのがおっくうになって、現在は全然通ってません。利用定期が4ヶ月分ほど無駄になっているので、そろそろ筋トレを再開しようかな?と検討しています。

そして新たに始めたいと思っているのが水泳です。もともと泳ぐのが好きなのですが、クロールは肩周りの筋肉を使うこともあって、五十肩対策にちょうどいいのでは?と思っておりました。ただ、私が住んでいる阿賀野市に市営プールがありません。有償の民間ジムは新潟市の中心街に行かないとありません。そもそもお隣の新潟市までいくのであれば、有償ジム以外にも何カ所か公営プールがあります。

その中でも近いのが江南区の亀田体育館の公営プールでして、ここなら車で15分ぐらいという近さですし、一回の利用料が500円とリーズナブルです。ただ残念な事に昨年の秋から改修工事をしており利用できなくなっておりました。冬も利用できる温水プールというのが新潟では非常にありがたいです。

その改修工事がこの4月になって終わりまして、現在はプールを利用出来るようになっております。しまっておいた水着やキャップ、ゴーグルなどを引っ張り出して、平日の夜にちょっと行ってみようと準備をしているところです。

春は何かにチャレンジするには最適な時期です。思い立ったら試してみるのが自分のよい所だと思いますので、躊躇せずに挑戦していきたいですね。


 

日記の最新記事8件