東京と新潟の狭間での悩み

  • 2019 年 10 月 19 日
  • 2019 年 10 月 23 日
  • 日記

10月は3連休の次週に即位礼正殿の儀で祝日があり、この前日の月曜を休みにすると4連休になります。9月頭にウィラートラベルさんの会員向けのセールで、3列シートの新潟行きが片道3000円ということもありまして、この2週連続の連休の前後の2往復を予約したのでした。

東京と新潟を行ったり来たり

GWに実家の建て替えが終わりまして、月に2回ほど新潟に戻るという暮らしを続けています。意外とこのコストと時間がバカになりません。

新幹線や車ならばドアtoドアで4~5時間の移動時間で済みますが、往復で2万円かかります。バスならば所要時間は7~8時間ほどになりますが、新幹線の半額で済みます

さらに青春18切符の時期や今回のようなウィラーのセールを活用すると、7~8時間の所要時間は変わりませんが、片道3000円前後で済むわけです。

 

ちなみに今回は普段5000円ぐらいする昼行便のバスが5000円で取れたのですが、13時に東京駅を出て19時過ぎに新潟駅に到着します。3列シートはカーテンでプライバシーが確保出来るのと、座席が独立しているので快適です。

これで3000円はかなり良いです。4列シートのバスで隣に人がくるのであれば、乗り換えが4回あっても18切符のほうが快適だと自分は思うんですが、3列シートならバスの方が楽ですね。

今回のテーマは私の葛藤なのです!

上は移動中のバスがサービスエリアで休憩しているところですが、SAでの休憩が3回あり、それぞれ20分ほど余計に時間がかかるんです。これが1回になれば到着時間は1時間弱削れると思いますが、トイレ無しのバスの場合にはこのくらいの休憩は必要でしょうね。

昔は東京と新潟の格差は大きかった

おもむろに本題に戻します。

自分は首都圏の大学の通うために千葉県で一人暮らししてました。でも、大学の後は新潟に戻りたくなりまして、一旦新潟の会社に就職したんですよ。ダラダラと大学に長く居たので社会人になったのは27歳と遅めでした。

とはいえ学生の頃からソフトウェア会社でバイトしたりしていたので、就職氷河期は始まってましたが、あまり仕事での苦労は記憶にないですね。わりと就職はあっさりと決まりました。

しばらくは実家から新潟の会社に通っていたのですが、免許はもってましたがペーパードライバーで、家に乗れるような車もないので移動はもっぱら電車やバスです。バスの本数が少ないので、9時からの会社に出勤するのに7時過ぎに家を出てバスに乗って8時過ぎには会社に着いてました。帰りは19時ぐらいのバスに乗って20時ぐらいに帰ってきてたかな。

正直、この頃に自分の車を買って乗り回していたら、色々とこの後の人生が変わったかも知れません。田舎で車がない、というのは昔は本当に不便でした。

もう20年以上前のことなので、Amazonなどの通販もなく、ネット動画も無く、BSデジタルで新潟に居ながらにしてテレビ東京のアニメを見ることも出来ませんでした。当時は東京と新潟の情報格差というか生活のしやすさには、相当な差がありました。

たまたま勤めていた会社が東京に常駐して仕事してくれないか?というオファーがあって、入社3ヶ月ほどで田舎にウンザリしてた自分にとっては大歓迎でした。毎週、新幹線で上京して、週末にたまに実家に戻ってくるという暮らしをしばらく続けますが、これは本当に渡りに船でした。

途中、仕事の都合でつくば市に引っ越したりしました。その途中で、高給でのオファーがあって、新潟の会社から東京の会社に転職しました。結局、殆ど東京にいるのであれば、東京でガッツリとお金を稼ぐ方針に変更したのですが、やはり田舎は不便だったんですよね。

クルマに乗り出すと世の中が変わる

つくば在住時に左膝を痛めまして松葉杖生活がありました。アパートから2kmの職場までの自転車通勤が出来なくなり、行きはタクシー、帰りは職場の方に送って貰うという生活をしてました。

で、当時、ウチの妹が乗らなくなって実家に置いてあったクルマがあったんですよ。70スープラのNAモデル。これを乗れるように少しお金を掛けて、つくばに持ってきました。

まぁ、トラブルが多いクルマでしたが(笑)、つくばから秋葉原までゲームの深夜発売の為にクルマで行ったりとか(つくばエクスプレスはまだ無いです)、ちょっとクルマで出かけたりという自由が謳歌出来ました。

このスープラが半年ほどでオルターネーターのトラブルでダメになったので、ローンを組んでレガシィランカスターを購入して乗り回しました。このクルマはまだ実家にあるのですが、このクルマのおかげで随分と世界が変わりましたね。

特に新潟に戻るとクルマがあると物凄く楽しい。なんだ、就職当時にクルマを持っていたら、多分、関東には移住しなかったかも?と思うぐらいです。これが30代の前半ぐらいですが、新潟に戻りたいとは思いつつも、ITバブルもあってかなり稼げていたこともあって、東京で働くことに疑問はなかったです。

自転車でまた世界が変わる

2010年にGIANTのR3というクロスバイクを買いました。当時、少し運動して結構痩せてきていたこともありまして、自転車の虜になりました。

先週戻ったとき、実家の建て替えで作った自転車部屋は柿で占領されてましたが、自転車にハマらなければ、こういう部屋を作ろうと決意することもなかったでしょう。




クルマで自由を手に入れた!という世界が自転車でまた広がって、あまりにもクルマに乗らなくなってしまったので、レガシィは親父殿に進呈することにしました。という訳で駐車場という呪縛から自由になったので、通勤時間を短縮するために我孫子から横浜→武蔵小山に引っ越したのです。

横浜の二俣川は適度に田舎なので、ちょっと走って境川CRから江ノ島という非常にいいコースがありました。自転車を始めた時は我孫子だったんですが、我孫子も自転車環境的には良かったです。当時、東葛地方発着のブルベは殆どなく、登りたかったら筑波山まで行かないといけないという難点はありましたけどね。

この後、一度は23区に住んでみようと決意して武蔵小山に移住して、夢の都内の職場までのジテツウとか、山手線の駅が徒歩圏内という便利さを満喫し始めたのが今から6年前です

だんだんと東京にウンザリしてきた

武蔵小山に住みだして2年ぐらいはブルベ活動が趣味の中心でした。仕事も楽しかったし、家からちょっと歩けば武蔵小山の飲み屋街があったので、一人で飲みに行ったりするのも楽しかった。通勤が楽ちんというのも、ちょっとした優越感がありました。

終電は気にしなくて良いし、大体の都内のイベントに気軽に行けます。まぁ、実際に行くかどうかは別なんですが、行ける可能性がある、というところに人は価値を見いだすのですね。

しかし、4年目ぐらいから明らかに飽きが出て来ます。武蔵小山の飲み屋街は駅前のタワマンの再開発で無くなってしまい、めっきりと一人飲みをする機会が減ります。とにかく人とクルマが多く、朝早い時間に輪行 or 自走で出かけないと自転車で快適に走れません。特に自走で帰ってくると、幹線道路の混み具合にウンザリしてて最近は帰りはもっぱら輪行でした。

住環境には少しウンザリはしていたのですが、仕事は堅調で給与的にも余裕がありました。そんなわけで昨年、実家の建て替えに着手します。この時点では「老後のため」と割り切っていて、東京で仕事が出来るうちは我慢して稼ごう!、と決意してました。

約1年後、今年のGWに家が出来ました。それから定期的に帰っているのですが、新潟での暮らしが快適すぎます。前述した通り、ネットや通販のおかげで東京都の生活面での格差は相当に解消されました。

ずーっと一人暮らしでしたから、新潟に居ると両親は居ますし、弟が家族をつれて遊びに来ますし寂しくないんですよね。東京方面だと積極的に人関わるように動かないと、あっと言う間に孤立しますね。趣味の友達はやはり趣味優先なので、なかなか都合が合わない時期が続くと疎遠になります。

関東の友達を連れて行って騒ぐのも楽しいのですが、やはり関東での暮らしがメインの方々がメインなので、週末は早めに関東に戻りたがるんですよね。それは仕方ないことだとは思うのですが、自分は本音では可能な限りは新潟に滞在して、帰るのは夜遅く or 週初めの朝の新幹線でそのまま出勤したいぐらいです。

夢の生活が新潟にはあるのだが…

新潟の実家を建て替えたことで、庭で炭をおこしてBBQしたり、夕方にフラっと自転車で出かけたりと東京では無理なことが容易に実現できます。広くて快適なキッチンや風呂、クルマでちょっと買い物にいけば色々なモノが安く手に入ります。

人が少なくて静かなので夜もよく眠れます。朝、散歩に行ったり、夜、一人で静かな所で音楽を聞きながら酒を飲んだりと、とにかく癒やされます。

昨年から非日常を求めて、自転車でキャンプとかに行ったりしていたのですが、キャンプとかに行かなくても実家に戻ってくれば、東京とは違う非日常が快適に味わえるので、もう半年ぐらいキャンプには行ってません。

うーむ、両親ももう結構な歳だから、やっぱり新潟に戻りたいよなぁ…と思いつつも、東京都の給与格差から、なかなか思いきれませんでした。

東京に戻るのが嫌になってくる

週末、実家で過ごして東京に戻ってきて武蔵小山の家に戻ります。平日はまたすぐに仕事です。平日の夜はいつも「次はいつどんな手段で新潟に戻ろうか? 」で頭がいっぱいになります。だって、一番やりたいことは今、新潟に戻る事なのですから。

ちょうど今、仕事と会社がイマイチな状況だということもあり、そろそろ今の会社も潮時かな…と思っています。お金は稼げるんだけど、これが俺のやりたい仕事なのか?と言うとそうではない。人に相談すると「東京で割り切ってお金を稼ぐ方がいいんじゃない?」と言われたりしますが、自分は扶養家族もいませんから、そんなに身を粉にするような思いでお金を稼ぐ必要はないわけです。

今、かなりストレスをためている状態なのは明らかです。色々と四苦八苦しているのですが、なかなか出口が見えません。ストレスが貯まると食べる方に発散するのが、気がついたら新潟の家が完成したGW明けから8kgも太りました。

もし東京でもっと頑張って稼ぐ、というのであれば、新潟に戻る回数は数ヶ月に1回ぐらいの頻度に減らさないと、東京の生活が成り立ちません。やっぱり新潟に戻ってくると、そこに理想の暮らしがあるもんですから、東京での生活がどうしても投げやりになるんですよね。で、お金も沢山出ていきます。

東京で仕事を続けるのだとしても、今の品川から郊外に引っ越そうと思っています。新潟で遊んでいて、やっぱりまたクルマを乗り回したいな、クルマと自転車を組み合わせて色々と走りに行きたいな、という欲求が強いです。

そんな訳で今日もこれから新潟に戻って、火曜日の夜に東京に戻ってきます。年末ぐらいまでには、色々とケリを付けたいな…と思いますネ。



日記の最新記事8件