Xiaomiのヘッドフォンのコストパフォーマンスが抜群すぎる件

Xiaomiのヘッドフォンのコストパフォーマンスが抜群すぎる件

昨年からいろいろな所で話題となっている中国のメーカーであるXiaomiのヘッドフォンが値段の割に高音質で驚いています。中国からの品物を安く買うのはこれまでAliExpressがメインでしたが、Xiaomiのヘッドフォンを買うのはBanggoodというショッピングサイトを使いました。

ヒマな時にAliExpressやBanggoodを眺めて、面白いものを探すのが結構楽しいです。最近はAmazonとかで中国製の物を買う前には、これらのサイトで値段をチェックしてから買うようにしてます。昨日紹介したヘッドライトのように、だいたいは安く買うことが出来ます。

20160118_7

最初に買ったのが、PISTON2と言われているインナーイヤーヘッドフォンです。現在の価格は$23ですが、私が昨年買った時は$19ぐらいでした。送料は無料なので2000円前半で購入出来ましたが、この価格帯で国内で買えるヘッドフォンに比べると圧倒的に音がよいです。

普通は高級機にしか使われないベリリウムの振動板が使われているのが高音質の秘密です。スマートフォンに接続したときにリモコンとして動作しますし、サイズに合わせたイヤーピースも3種類付属してきます。週刊アスキーのサイトで記事にもなっています。

私はソニーのバランスドアーマチュア方式のインナーイヤーヘッドフォンを永らく愛用していたのですが、その実売5000円ぐらいのモデルよりもPISTON2の方が音は気に入りました。ちょっと派手な鳴り方をしますが、解像感は2000円台の物とは思えない高さです。

あまりに気に入ったので予備を買ったんですが、昨年の秋にツールドブルベで金沢の弟の所に泊まったときに弟に聞かせたら「是非欲しい!」と言われて予備は弟に譲りました。

だた、このPISTON2というモデル、あまりに人気があってニセモノも多数出回っているとか。上に張ったリンクは私が買った時のもので本物が届きましたが、今も本物が届くとは限りません。Amazonでも「ニセモノ注意」というレビューがとても多いです。

という訳で入手してみようという人はat own riskでお願いします。

20160118_4

でもって、久々に色々と調べてみるとXiaomi Hybrid Dual Driversという新型が出てました。通称はPiston4と言われています(この記事でもPiston4と呼称します)。




駆動方式が良くあるダイナミック型とバランスドアーマチュア型のハイブリッドという凝った作りながら、またもやお値段は$19なので2000円前半ぐらい。Amazonだと3000円台ぐらいで買えます。サクっと欲しい人はAmazonで買っても良いかも知れませんね。今のところ、このモデルのニセモノにあったと言う報告はないです。

やはりドンドン新製品を出していかないと海賊版が出されてしまうんでしょうね。ちなみに本物は付属のQRコードを読ませることて真偽判定が出来るサイトに接続出来ます。

20160118_6

本体と交換用のサイズ違いのイヤーピースが付属します。作りはPISTON2と同様にしっかりしています。PISTON2もそうですが、ケーブルの表皮も絡みにくいものが使われてますし、断線にも強そうな構造になっています。

この辺は同じ価格帯の日本メーカーのものは絡みやすいゴムのものが多いんですよね。永らくオーディオテクニカのヘッドフォンを中心に愛用していたんですが、最終的には断線で壊れてしまうんですよね。そして修理が出来ないことも多く、実質使い捨てになってしまうので、この位の価格だとヘビーに使えて嬉しいです。

20160118_5

本体部のアップ。耳に差し込む部分の基部にダイナミック駆動部分があります。自分の耳だとどのイヤーピースをつけてもPISTON2より耳にマッチしにくいのは、この基部の部分が邪魔になって耳に深く差し込みにくいからです。

音質ですが、PISTON2より更に派手で元気な鳴りっぷりです。PISTON4とPISTON2でどっちが音質が上か?と言われると、絶対的な甲乙は付けにくく、好みによるでしょうか。PISTON2の方が繊細な鳴りっぷりで高音が綺麗ですが、普通にJPOPを聞いたりするには低音のバランスもよいPISTON4の方が向いているかな。

なお私の好みはあまり低音がブンブン鳴るタイプのインナーイヤーヘッドフォンは好きではなく、そういうのを好む方は避けた方がよいと思います。そういうえばこの2つのモデルの間にPISTON3というモデルもあって、週刊アスキーのWebサイトで記事になってますのでそちらも参考にしてください。

まぁ、Banngoodで買えば両方買っても5000円しない訳ですから、好きな方は両方買って見て試してみてはいかがでしょうか?