アイウェアについて


上の写真はオークリーのジョウボーンという自転車用のサングラスです。自転車を始めたときにはジョギングで使っていた安物のアイウェアを使っていましたが、やはり専用品がよいだろうという事でオークションで2万円ぐらいで購入しました。流石専用品ということあり、性能については申し分ありません。その後、調光レンズを追加して使っています。

で、問題は私は近眼なのでこのサングラスを使うときには使い捨てコンタクトを入れて使っているのです。普段は眼鏡派ですので、使い捨てコンタクトはサングラスが必要な時にしか使ってないんですな。私自身、夏場の日光などは非常にまぶしく感じる人間なのでサングラスは必須なんです。でも、度入りのサングラスって高いんですよねぇ。特に調光レンズとかを入れると凄いお値段になります。ちなみにオークリーのサングラスで調光の度入りレンズなんか入れたら6万円ぐらいのお値段になるそうな。

ただ、朝練で1時間ほど走るだけにコンタクト入れるのもアレだし、普通の眼鏡だと視界の問題(ズリさがってくる)や風の巻き込み問題もあるので、クリアレンズでいいから少しマシなものが欲しいということでZoffのアスリートというモデルを試してみることに。お値段は度入りレンズ付きで7350円と格安です。もっともカラーレンズを入れると3000円Upなんだそうですが。

で、結論からいうと「掛け心地や視界に問題はないけど、風の巻き込みは専用品と比べると結構あって辛い」というレベルでした。風が強い日に下りで40km/h越えのスピードが出ると、風を巻き込んでややストレスを感じます。とはいえ、ちょっとした自転車でのお出かけなら普通の眼鏡よりも遙かに快適なので、値段を考えれば十分でしょう。個人的にはもっとゴーグルっぽいフレームのモデルにしておけば巻き込みもマシになったかなぁ、と後悔しました。




巻き込みを生むのは顔のカーブにフィットしているかどうか?に掛かっています。という訳でジョウボーンとZoffアスリートを比較してみると、こんなにもカーブが違います。廉価な度入りアイウェアはやはり普通の眼鏡のような平面なレンズを使って、フレームでなんとか顔にフィットするようにデザインされています。という訳でカーブの入った度入りレンズを使わなくてもよいので、お値段が安く販売出来るのですな。

Zoffに行く前にメガネの愛眼でもチェックしてみましたが、度入りレンズ付きで安く作れるモデルはやっぱりカーブしておらず顔とアイウェアの間に隙間が出来ます。愛眼の場合ナイキやSWANSのフレームに度入りレンズも入れられますが、これはハイカーブのレンズを入れるため、レンズが2万円ぐらいするのでトータルは3、4万ぐらいになるそうな。4万出すなら、もうちょっと奮発してオークリーのサングラスをベースに度入りレンズを作るかなぁ。

こう考えるとZoffアスリートの7350円という価格を考えるとそれなりに良くできていると思いますが、生身の体で50km/h以上を移動するロードバイクでシビアに使うのは自分としてはちょっと怖いかな?と思います。もっとも顔の個体差もありますし、千葉に居たときは平坦地で走ることが多かったから不満もなかったでしょう。あくまでも風の強い日の下りでちょっと厳しい、というのが私の見解でございます。

しかし、Zoffの企業努力は素晴らしいと思いますし、自転車に求められるハイカーブなレンズに対応したモデルがもっと普及して値段が下がってくればなぁ、と思う次第です。

最新情報をチェックしよう!
>
CTR IMG