メルカリにデビュー&最近の調理家電

新しいカテゴリとして「家関係」というのを追加しました。新潟の家や家電にまつわる話はこちらのカテゴリに記載していきます。

中古品が安い!

PCやスマホなんかのデジタル系のデバイス、故障した時に高額になりがちな家電は新品で買う主義ですが、進化のスピードが遅くて故障しにくい調理家電や家具なんかは中古を選ぶようになりました。

特に生活必需品の調理家電は引っ越しなどのタイミングで手放す人が多数いるので、春先には程度の良い物がオークションサイトにたくさん並びます。新潟の新居の方はまだ入替が必要な家電はありませんが、ネコ達のすみかである離れのネコハウスでは、まだ両親が夜に寝泊まりしています。

ネコハウスは既に風呂が故障しましたが、新居の風呂を使うことにして修理してません。洗濯も新居の方でするので洗濯機は処分しました。でも、炊飯器やガスコンロ、給湯器などの台所設備などは老朽化してきました。この手の調理家電は中古になるとお値段がガッツリと下がるので、最近は中古で掘り出し物を探しています。

メルカリ始めました

これまで主に不要品を処分するためにヤフオク!を長年使っています。ヤフオク!に慣れていると、後発のメルカリはどうも文化が違うっていうか、苦手意識があって手を出してなかったんですよね。ただ、ヤフオク!の取引が大幅に簡略化されたのはメルカリの影響でしょう。

で、3月に前述の猫ハウスのガスコンロが壊れたんですね。新居はIHなのでガスコンロはないですし、東京の家で使っていたコンロは都市ガス用なので使えないので既に手放してました。という訳でプロパンガス用のガスコンロを急遽調達することにありました。ホームセンターに駆け込めば1万円ちょっとで新品のガスコンロが買えるでしょう。

でも、ガスコンロって都市ガス用とLPガス用に互換性がないから、自分のように引っ越したら使えなくなって手放す人が多いので中古は安いんでは?とヤフオク!で見てみたら、案の定、まだまだ綺麗な物が半値以下で出品されていました。引っ越しで不要品の処分ならメルカリにも一杯出品されているのでは?と予想してフラっとメルカリのサイトを見てたら、ヤフオクと遜色ないぐらいの出品がありました。

メルカリは買い手有利

結局、探し始めて数日でメルカリでリンナイのガスコンロを落札しました。フッ素加工された綺麗なプロパンのコンロですが、送料込みで6000円でした。上記は届いた後に自分で更に清掃したものですが、これならば新品と遜色ない、と母親も大喜びです。

最近、ヤフオク!の落札価格は高値安定でして、出品側に回ると非常にありがたいのですが、落札側に回ると想像以上に値段が釣り上がってしまう事が殆どです。正直、今のヤフオク!で掘り出し物を見つけるのは難しくて、価格相応もしくはちょっと高いかな、という結果になります。

メルカリは入札ではなく即決価格を設定して、それに納得したら落札するというシンプルなシステムなので、買い手にとっては想定以上に価格が上がることがないので安心感があります。逆に言うと出品側に回ると、値引き交渉の対応をしなければならなかったり、想像以上に高値がついて嬉しいということはありません。

あとメルカリは送料込みの即決価格で出品している人が殆どです。ヤフオク!では送料は別に払うことが多いのですが、想定以上に送料が高い出品者が居たりします。そういう意味でもメルカリは買う側にとっては安心感のあるシステムになっています。

調理家電の中古は狙い目です

調理家電というものはデジタル系の品物に比べると進化のスピードが遅いです。でも、流石に10年ぐらい経過すると流石に色々と進化しているので、2~3年落ちの中古品を狙って買い替えました。メルカリは若い人の利用者が多いのか、引っ越しで不要なったという調理家電がよく出品されています。

品川の家は狭くて、炊飯器を置くスペースがないので鍋でご飯を炊いていたのですが、一軒家の台所は広いので炊飯器を調達しました。

炊飯器は圧力IH方式が普及してますし、普及価格帯の炊飯器でもかなり美味しいご飯が炊けるようになりました。写真の象印の圧力IH方式の3合炊きはメルカリで送料込4500円で購入できました。発売は2014年で現行機種ではありませんが、カタログを見る限り現行モデルと機能的な差は殆どありません。

一人暮らしの方であまり使ってなかったという説明でしたが、内釜のフッ素コートの剥がれも殆どありませんでした。説明通りに使用頻度は低かったみたいですね。説明書はしゃもじ受けの部品がありませんでしたが、説明書はいまやWebでPDFが見れますし、後者は100円ほどで部品だけMonotaROで購入できました。

程度を考えるとかなりの掘り出し物だったなぁ、と思います。メルカリはヤフオク!ほど写真や商品説明を書かずに出品するのが普通なので、落札側が色々と判断する必要はあります。もしこれはお得だ!と思ったら、価格に納得できたら価格交渉などはせずにスパっと買うのがいいです。迷っているウチに売れてしまって残念な思いをしたことがあります。

とくに取引コメント欄で価格交渉が始まっていて出品者がそれに応じたら、コメントを書いた人以外は手が出しにくくなります。出品者が答える前に今の価格に納得しているのであれば落札してしまった方がいいでしょう。

最新の電気ポットは凄いですよ

もう一つ、程度がよかった購入物としては上記の電気ポットです。2018年に購入したというものですが、これも送料込4500円で購入できました。新品の半額ぐらいですね。これはとても綺麗な状態で届きましたが、段ボール箱の中に保護材も巻かずにポットが入っている状態で届いて驚きました。落札価格も安かったし破損もなく届いたので結果オーライではありますが、この辺のおおらかさはメルカリならでは、なのかも知れません。

最近は必要な時に必要なお湯を沸かす電気ケトルがシェアを伸ばしていて、保温機能付きの電気ポットは自分も最近は使ってなかったですが、ちょっとしたキッカケで最近のモデルは進化している事を知りまして、興味があって買ってみたのですが、これは凄いですよ。

昔はガラスを使った魔法瓶が組み合わされていましたが、真空断熱技術の向上で本体での保温性能が大幅にアップしています。なので、昔の電気ポットはヒーターの出力が1000wほどあったんですが、現在のトレンドでは700wほどに出力を下げてます。沸かすのに時間は掛かるのですが、保温性能が良くなったので、なかなか温度が下がらないのでこれで十分なんですね。冷蔵庫が省電力になった理由も断熱技術の進化でコンプレッサーが小型化出来たからなのですが、それと同じ理屈です。

あと蒸気が全く噴き出さないようになっています。これは地味に便利でして、湯気が出ないので設置場所が自由です。電動でボタンで給湯出来るのは以前からありましたが、電源がないところでも給湯出来るように蓋の上に手動でお湯を出すための機構も設けています。たしかに家で沸かして、屋外で電源がなくてお湯が出ないとか間抜けすぎますもんね。

という訳でこの3.0Lの電気ポットの進化には素直に感心しました。仕事場において飲み物を入れるのに愛用してます。

最新のトースターは凄いな

3月にTVでトースターの比較番組みたいなのが放送してまして、以前から気になっていた三菱電機の1枚焼きのトースターが紹介されていました。それを見て「欲しい、欲しすぎる!」と物欲スイッチが入ったのですが、TVに紹介された直後から新品は品薄になってしまいました。

よろしい、ならばメルカリだ!と探してみたんですが、流石にこちらでも出品はなく完売状態。でも、アラートを設定しておいたらあっさりとほぼ未使用品が出品されまして、すぐに落札して新品より安く買えました。メルカリはこのアラート機能と相性がよく、今すぐには必要じゃないけど安く手に入るなら欲しい、という物はメルカリでアラート設定しています。

ヤフオク!にもアラート機能はあるんですが、これが正直ちょっと使いにくい。送ってくるタイミングがまちまちだし、そもそもアラートが出てもオークション形式での出品が殆どなので、アラートが来ても入札の〆切日まで日数ががることが殆どです。ウォッチリストに入れておくのが関の山ですし、最終的にいくらぐらいになるのか?が予想出来ません。結局、ヤフオク!はアラームが来ても今すぐ何かしなくてもよいので、そのまま放置しちゃうことが多いですね。

その点、メルカリは即決が殆どなので、アラートが来た時点で出品されている品物の価格と状態を判断して、ささっと買えるというメリットがあります。つまり早い者勝ちなメルカリとアラート機能は相性が良いのです。

さて、ここからは三菱のブレッドオーブンのお話です。

三菱電機の調理家電って独自の哲学があるっていうか、他のメーカーとはちょっと違う路線の製品が出てくるんですよね。その中でも自分は三菱の小型高性能オーブンレンジ「ジタング」の大ファンでして、過去にBlogで記事を書いたこともあります。ジタングはその斬新すぎるコンセプトが理解されずに廃盤になりました。自分は非常に気に入っているので、メルカリで中古品を買ってストックしておこうかな?と思っています。

この三菱のブレッドオーブン(わざわさオーブントースターとジャンル分けてある)のTO-ST1-Tですが、トーストが一度に1枚しか焼けないくせに3万円ほどの実売価格と非常に強気です。高級トースター戦争の引き金となった、バルミューダのトースターよりも高いです。

こんな感じで厚切りパンを載せて蓋をして3分ほどで焼き上がりです。普通の食パンだと本当に1枚しか焼けません。2枚目は本体が熱せられているので半分ぐらいの時間で焼けますが、家族が多い家庭では正直しんどいでしょう。あとロールパンとか見たいな平たくないパンを焼くにも不向きです。

トースト以外に使えないこともあって、うちにはこれ以外に象印の普通のオーブントースターもあるのですが、そちらはも併用しないといけません。お昼に毎日パンを食べているウチの母上ですが、このブレッドオーブンの使いこなしが難しかったようで、普通のオーブントースターをトーストを焼いてます。

というわけで、ブレッドオーブンは自分の専用機になっているのですが、焼けるトーストのおいしさには満足しています。3万円の価値があるかというと悩ましいところです。自分は手放す気はないですが、万人向けの製品ではないことは明らかで実に三菱電機の調理家電らしい製品です。




ちゃんと両面がパリッと焦げているのにパンの水分を閉じ込める構造のため、中がふんわりしっとりと仕上がります。安物のパンでもそれなりに食えるように焼けるのが利点ですね。

実はチーズトーストが絶品です。チーズをパンの上に散らして、そのまま焼き上げるだけで美味しそうなチーズトーストが焼けます。チーズはバッチリと溶けて、パンの裏側はパリっとした絶品のチーズトーストになります。

あまり場所を取らないのと、人を驚かせるための調理家電としてはなかなかユニークです。実はトーストの上に何かを載せて焼くのが得意というのは使ってみて気がつきました。このくらい割り切った専用品というのは、なかなか商品化するのに勇気がいると思いますが、さすがは三菱電機というところでしょうか。

あまり気に入らなかったら、話題のうちにさっさと手放してしまえば買ったときの8割値ぐらいで売れるだろう、という見込みもあって購入しましたが、手放す事無く愛用しております。

オーディオ関係のパーツもメルカリ有利

Blog等の記事にあまり書いていませんが、社会人になってからずーっと継続している唯一の趣味がオーディオです。ゲームはもうプレイしなくなって久しいですし、自転車も始めたのは10年ちょっと前ぐらいからです。オーディオは20代の頃から継続しているですが、ネットとの親和性はイマイチでして共感が得られないのです。

その人が満足する音のレベルというのも、試聴出来る環境が激減している現代においては千差万別です。費用対効果が予想しにくいこともあり、かけた金額について理解が得られず、さらにはオカルト的な扱いをしてネットでネタにされたりするという不遇な趣味と言えるでしょう。

現代の日本の住宅環境を考えるとスピーカーの周りに空間の余裕を持たせて、ある程度の音が出せる環境を用意するというハードルの高さをクリアするのは用意な事ではないです。ただ、それをクリア出来ればあまりお金はかけなくても機材は揃えられます。

というのは、オーディオ関係の機器は中古でのやり取りが活発なため、これらを上手く使うと費用を抑えることが出来ます。ただ、ヤフオク!は自分の品物を手放すには高く売れていいのですが、安く買うには不向きです。自分が欲しいものはみんなが欲しいので、必ず値上がりしてしまいます。買うにはメルカリがいいですよ。

自分の寝室にサブのオーディオシステムを組んだのですが、あまりお金はかけたくないので、スピーカースタンドは中古のものを探していました。この手のブックシェルフ型のスピーカーは耳の高さに合わせて設置しないと性能が発揮できないんですね。

スピーカーは手元のDENONのペアで1万円ちょっとのスピーカーですが、これに7~8千円もするスタンドを買うのは価格のバランス的にイマイチです。ヤフオク!とメルカリで探しましたが、ヤフオク!はオーディオグッズが非常に豊富ですが、メルカリはあまり出品がありません。

ヤフオクで新品で1万円ぐらいのハヤミのローエンドのスピーカースタンドが出品されてまして、中古品が送料込みで5000円で入札を受け付けています。ただ、実際には7000円近くまで価格が釣り上がってしまうんです。流石に中古のスタンドに7000円出せないです。

メルカリではたまに掘り出し物が見つかるのですが、大当たりだったのがこのスタンド&御影石のセットが送料込みで4000円ちょっとで購入できたことです。御影石は30cmx30cmで厚さ3cmぐらいもののが2枚でして、これだけでも買おうとすると数千円以上します。スタンドはちょっと破損もあって難ありと正直に申告されていたので、信頼出来そうな出品者だな、と買ってみたら大当たりでした。

スタンドの破損を直し、アルミの支柱にホームセンターで買ってきて乾かした砂利を詰めて重さを出し、御影石の下に手持ちの防振ゴムシートを敷いて、スパイクで水平をしっかり取って設置したら満足な音が出る立派なスピーカースタンドでした。

最近のヤフオク!ではこういう掘り出し物的な物が落札出来ることはあまりありません。メルカリは使っているユーザーがあまり手をかけずに処分したい品物があって、売れたらラッキー的な価格を設定している事もあって、掘り出し物を引くという醍醐味があります。もちろん「こんな価格で売れるわけがないだろう」的な価格の品物も沢山出品されていますけどね。

メルカリで購入したオーディオグッズがもう2点あります。Shure SE215という定番のイヤホンとNOBUNAGA LabsのMMCX端子の4極バランスケーブルです。

Shure SE215はこの手のカナル式のイヤホンの中では1万円台で買えるものとして定番品です。新品はだいたい12000~13000円前後で入手できますが、以前からちょっと試してみたいと思っていたイヤホンです。エントリーグレードとしての定番品なのでメルカリにも多数出品されていましたが、送料込み7500円のものを購入してみました。

Shureのイヤホンは取り付けが若干手間が掛かるとやタッチノイズ(ケーブルが服などに触れた時の擦れる音が耳に伝わる)が大きいため、合わないと手放す人も多いのでしょう。ケーブルが交換出来る(リケーブル)ところもマニアには人気がありまして、自分も使っているポータルブルDACであるShanling UA2(こいつに関しては今度別に記事書きます)に2.5mm4極バランス端子がついていたので、これを活用したくなりケーブルだけ落札しました。

落札したのはNOBUNAGA Labsというヘッドホン、イヤホン用のリケーブルを販売しているブランドの製品です。ShereのMMCX端子はこの手のカナル式イヤホンのケーブル接続端子としてメジャーなものなので、流通量が多いので中古は狙い目です。ケーブルならばよほどの事が無い限り劣化とかしないので、中古は狙い目です。ただ、ヤフオクはこれまでに散々語ったとおり値段が高くなりすぎるので、メルカリでサクっと新品の6割値ぐらいで買えました。

どちらも綺麗な状態で不満無く使っていますが、新品を買った値段と比較すると6割値ぐらいで入手出来ました。オーディオ関係は中古をうまく活用すると安く上がりますが、特にポータブルオーディオ系は定番品を狙うのがコツですね。売るときも定番品は高く売れますし。

まず買うならメルカリ、売るならヤフオク!ですね。メルカリを褒めていますが、並行して不要品を大量にヤフオク!で処分しており、どれも期待以上の高値で売れたため、ヤフオク!も出品者側に回ると利点の多いサイトです。

アーロンチェアの中古もメルカリ

在宅勤務が続いているので家で椅子に座っている時間が増えました。オカムラのバロンというオフィスチェアを中古で買ってきて愛用していたのですが、夏場はお尻が蒸れるので憧れのメッシュチェアであるアーロンチェアを買ってみました。

アーロンチェアにはA、B、Cと三つのサイズがありまして、オフィス等に導入されているのはBが圧倒的に多くて中古で出回るのはBサイズのものが殆どです。Bのアーロンチェアは以前の職場にも置いてあったので試したことがあって、サイズに不満はなかったのですが、自分が大柄なのでCサイズのアーロンを使ってみたい!と思ってました。

で、メルカリで個人で使っていた方でCサイズを出品している人が居たので、それを買いました。旧型のアーロンチェアで6万円でした。まぁ、中古のアーロンチェアとしては価格は安くもなく高くもなくですが、Cサイズというのはレアです。

届いたアーロンチェア。3月ぐらいに購入したので部屋にまだファンヒーターがあった時期です。

動作不良はなく、目に見えて汚い部分もありませんでした。キャスターをフローリング用のウレタンの物にに交換して使っていますが、アーロンチェアは涼しくていいですね。ただ、旧型はしっかりとネジを閉めても肘置きの位置が下がりやすいという難点があります。

今、新品の現行のアーロンチェアは20万円ぐらいします。流石に椅子に20万円も出せませんが、非常に長持ちするので買った人は値段に見合うと言います。とはいえ、自分で試してみるのに20万円は出せませんから、中古で安く買えたのはありがたいですね。

ヤフオク!はオフィスからの放出品を売っている業者が多いのですが、Bサイズが殆どでしてCサイズの出品は見たことがありません。たまたまメルカリでCサイズを個人で売っている方が居てラッキーでした。オフィスの放出品は程度が悪いものに当たることもあるので、個人で使っていた物が多く出てくるメルカリは狙い目かもしれないですね。

まとめ

いまどきのまとめブログっぽく、まとめてみましょうw

メルカリの特徴

  • 買い手が有利。売る側に回ると値引コメントの対応が面倒
  • 即決価格かつ送料込みが多いので、納得して安く買える
  • 個人の出品者が大半なので消費税が課税されない
  • 利用者がほぼ個人で日本人が多くて安心
  • 販売された商品の履歴が長い間残るので相場を調べやすい
  • 出品の取り下げや再出品が自由。逆にこれが「○○様専用」的な難解な文化を生む
  • 評価がいい、わるいの2段階のみで明朗(ヤフオク!の5段階評価は意味ないと思う)
  • やり取りがドライで簡略化されている

ヤフオク!の特徴

  • 売り手が有利で、送料は落札者負担が殆どである
  • 相場が分からない品物をオークション形式で出品でき、意外な高値で売れたりする
  • オークション形式が災いして、買う側に回ると意外な高値になってしまう
  • キャンペーン等でヤフオク!側が値引クーポンなどを運営側の負担で出してくれる
  • お金を積むことで商品の注目度を上げられる
  • 利用者が多く出品も多いため、大体のものは見つかる
  • 業者だと消費税が掛かったり、やり取りの方法が独自だったりして面倒
  • 外国人に当たることがある。いい人もいるが怪しい人も多い
  • 評価と受け取り連絡などがメルカリに比較すると複雑
  • オークション形式のため、入札が入ると出品の取り消しが出来ない

こうやって比較するとやっぱりヤフオク!は売り手にとって有利な施策が多いですね。メルカリはとにかくお手軽さに注力しているのがよく分かります。

あと発送の早い遅いについては、出品者によるとしかいいようがないですが、メルカリの方が全般的に遅い印象です。これは個人利用の方が多くて発送に慣れていない人の割合がメルカリの方が多いからと予測しています。送付方法のサポートはヤフオク!側がメルカリに追いついた感じで、どちらも伝票を手で書いたりしなくてもバーコードでコンビニから匿名配送出来ます。

一軒家だと家の収納に余裕がありますし、両親も同居なので一人暮らしの時のように荷物の受け取りに悩むことがありません。おかげで不要品の処分とか通販での購入が大変に捗っています。家の近くに郵便局、コンビニ、少し車を走らせればヤマトの営業所もある立地なので非常に便利ですね。



オーディオの最新記事8件