1ヶ月ぶりの新潟戻りで、やっぱり自家用車が欲しいなと改めて思う

  • 2019 年 11 月 25 日
  • 2019 年 11 月 25 日
  • 日記

11/23~24の土日は急遽、新潟に戻ってきました。今後の働き方をどうするか?について、今後の自分の働き方をどうするかについて新潟で相談に乗っているもらっている方と打ち合わせするのがメインの用事です。

前の週に急に新潟に戻る事を決断したので、先日に日記に書いた通りの新潟への公共交通機関での移動のストレスに直面することとなりました。そちらの日記と合わせて読んで頂けると幸いです。

新潟での職探しと引っ越しは断念

夜行バスを取ったけど、新幹線に変更

一週間ぐらい前になって急遽新潟戻りを決めたのと、土曜日の午前中に打ち合わせをする事にしたので、まずは金曜日の夜の夜行バスの空きをみます。ウィラートラベルのサイトにて在庫処分セールをやってまして4列シートですが2000円という格安のチケットの空きが1席あったので予約。これなら金曜の24時に東京駅を出て、翌朝7時には新潟に到着できます。

ただ、木曜日に熱を出して調子を崩してしまっていて、金曜日も体調がスッキリしません。4列シートの夜行バスというのは体力的にとても疲れるので、今の体調だとかなり疲れる事が予想されます。なので、金曜日の夜になってバスをキャンセルして、土曜日の朝に新幹線で移動に変更しました。

バスは直前キャンセルでも2000円のうち1000円が戻ってきましたし、新幹線も前日に関わらず15% OFFのチケットがまだ取れたので9000円で済みました。結局、片道移動で1万円という普通に新幹線の指定席に乗ったのと同じ金額になりました。これで金曜日は家でゆっくり寝て、土曜日の朝6時に家を出て9時過ぎには新潟駅に到着です。

新潟駅からは相談相手の方の車に乗せて頂いて、ウチの実家まで移動でした。武蔵小山の家を出てから実家までの移動時間が約3時間40分で住みました。新潟駅から実家までが車移動だと楽なんですよね。

今後の仕事の進め方の相談など

実家にて2時間ほど色々と打ち合わせをして、仕事と生活についての状況と当面の目標について整理出来ました。おかげで実りのある帰省となりました。

自分の場合、新潟と東京の両方で家に関するお金が掛かること(家賃とローン返済)、新潟への移動が頻繁にあることなど支出が多いんですよね。普通の人と支出のパターンが結構違うんですわ。

なもんで、今回の相談のテーマは東京で仕事を継続するのは確定なのですが、会社員として続けるのがいいか、会社を設立して仕事をするのとどっちがいいか?という相談でした。自分の支出内容だと多くが経費として認められそうだな、という事も分かりました。会社員を続けるか、会社を作るか?というのを12月上旬ぐらいまでに決断する、というのが次の目標となりました。

我孫子への引っ越しはこれまで通り進めることにして、車の調達などについては上記を決めてから動くことになりそうです。当面の目標が2つに絞れたこともあり、後はデータを集めて検討して決断していくだけという事ですね。

お昼に母親が近所の古田食堂に出前を取ってくれて、上カツ丼大盛を頂きます。いやー、こんなに食えないって…と思いきや、美味しくてペロリと食べてお腹いっぱい。

お昼を食べて相談者の方とは解散し、今度は家の用事をこなします。引っ越しに備えてB&Wのスピーカーの箱を必要な時に武蔵小山に送って貰うように段取りしたり、親父殿が冬タイヤに交換したいので工具を片付けたのを探すのを手伝ったり…とやることはが一杯。一ヶ月も新潟に戻らないと、両親も色々とお願いしたいことが増えるようです。

介護やら相続やら

うちの両親(というか主に母親)が、特別養護老人ホームに入っている父方の伯母の面倒を見ています。かなり高齢という事もあって、そろそろ覚悟が必要です。今回、母親から色々と聞きましたが、父方の伯母をウチの両親が面倒を見ているという事情には非常に面倒くさい話が沢山あるんですよね。

伯母が生きているウチに何をすればいいか?とか悩みは尽きません。でも、伯母の話に限らず、ウチの両親だって高齢ですし、この先のことを考えて色々と整理しておく必要はあります。この年末は鹿児島にいる妹も戻ってくるようなので、今後どうするか?について話をつけておかないといけないですね。

妹はサッパリしているので揉めることもないでしょうが、やっぱり実家の土地に俺が全額出して家を建てた事で色々と面倒くさいことになりそうな予感がしてます。両親が元気なウチに色々と綺麗に整理しておいて、文面に残して置く必要はあるでしょうね。

実家においてあるかつての愛車に母親を乗せて、スーパーに買い出しとか、特養に伯母をお見舞いに行ったりとバタバタした土曜日の午後を過ごします。日が短くなってきて、16時にはもう綺麗な夕日が出ていました。

一ヶ月も新潟に戻ってこなかったのは最近の中では珍しい状況だったので、母親も話したい事が沢山あったようです。母親も色々と抱え込んでいるなぁ…と心配になるので、やっぱり定期的に戻ってきて、顔を見せないとイカンよね、という思いを強くしたのでした。

あと毎日顔を合わせて無くても、月に数回戻って会話する程度でも現状では十分かな?と割り切る事も出来ました。年寄りの時間はゆっくり流れているので、健康なウチは毎日顔を合わせてなくても大丈夫です。

18時に相撲中継が終わると両親は元の家に帰りますので、そこからは一人で晩ご飯を作って広い風呂に入って、ビールを飲んで22時過ぎには寝ました。18時を過ぎるとホント静かすぎる…

日曜日は散歩~タイヤ交換

日曜日は朝7時に起床。12時に新潟駅から出る昼行バスで東京に帰ります。親父殿が8時過ぎからタイヤ交換を手伝え、という事なので、それまで散歩で近所の瓢湖を歩いてきます。




丁度、白鳥がご飯を食べに田んぼに出撃していく前でしたので、まだ一杯いました。今頃が一番、白鳥の数が多くて数千羽はいるでしょうか。観光客も沢山来てまして、一眼レフがシャッター音をけたたましく響かせています。

40分ほどボーッと水鳥たちの振る舞いを見て癒されてます。白鳥の羽ばたきの風切り音などが聞こえてきて本当に迫力満点ですので、朝がオススメですね。

 

親父殿は昨年の3月に大動脈瘤破裂で緊急搬送させてから、車の運転はさせてません。主に母親がハンドルを握っているのですが、車の維持管理は親父殿がこれまで通り面倒を見てます。

そろそろ雪の季節ということで冬タイヤに交換せねば、という事でタイヤ交換をしに家の近所にあるガレージで作業です。ガレージの中はガラクタで一杯なので、作業は外でやるのですが。

リアタイヤは無事に交換したのですが、前のタイヤのホイールナットが変な形で普通のボックスレンチじゃ回りません。たぶんロックナットだと思うのでキーがあるはずなのですが、親父殿は覚えていないと…あなた、去年の春に夏タイヤにどうやって交換したの?

結局、外す方法が見当たらずにタイムオーバー。後輪のみスタッドレスタイヤという、あまりよろしくない状態になっています。早めにキーを探すように親父殿にお願いして、自分はそろそろ東京に戻る準備をしないといけません。

帰りのバスが紅葉渋滞で遅れてゲンナリ

母親に新津駅まで車で送って貰って、午前10時ぐらい。丁度、SLのばんえつ物語号が停車してました。朝、パラリと降った雨が上がって綺麗な空と煙のコントラストが綺麗です。

もう運行を始めてかなりの期間が経過してますが、未だに人気みたいですね。磐越西線は普通列車で走ってても景色が綺麗だもんねぇ。一度、自分もSLに乗ってみたいものです。

その後、在来線で10時半に新潟駅に着いて、万代シティまで徒歩移動して床屋さんで髪を切って11時過ぎ。帰りのバスで飲む飲み物をイオンで購入して準備は万全。さて、お昼ご飯はどうしよう…バスセンターカレーは混んでいるなぁ。駅前のいきなり!ステーキに寄る時間の余裕はなさそう。

しかたないのでコンビニでおにぎりなどを買い足して、バスの乗車中に食べる事にして12時に新潟駅南を出る昼行バスに乗ります。

10月に二往復するのに使いましたが、3列シートのバスは乗車中が快適だったので、今回も3列シートを取りました。でも、4列シートの方も全席で隣がいないというガラガラっぷりだったので、5500円で3列シートを取らなくても、4000円の4列シートで十分だったかも。

でも3列シートは上の写真のようにカーテンがあります。この中でご飯を食べようが、iPadでマンガを読もうが、プライベートが確保された自由空間です。最近はスマホでYouTubeを見たりとか、暇つぶし手段には困りませんので、定刻なら約6時間強の乗車も苦にならないはずだったのですが…

関越道が紅葉渋滞で交通量が多く、いつも通り嵐山から高坂SAあたりまでが、サグによる自然渋滞で全然動かなくなります。このバス、トイレがないから2時間に1回は必ず停車するのです。普段なら越後川口SA、赤城高原SAに三芳PAの3カ所なのですが、この時は赤城高原SAの後で渋滞が発生したため、嵐山PAに緊急ピットイン。

こういうバスで辛い思いをしないようにするには、停車毎に必ず降りて身体を伸ばすのです。15~20分ほど停車するので時間の余裕もあります。ただ、この時の緊急ピットインの嵐山PAはこの先の渋滞に備えて止まった車から女子トイレが長蛇の列になっておりまして、それを考慮してバスの停車時間は25分ほどとなりました。

いやー、こりゃ今日は何時に東京に着くかな…という状況でウンザリしてきます。渋滞で進まないバスの中では「自家用車だったら17時過ぎに実家を出て、渋滞を避けて22時ぐらいに帰ってくるのに!」みたいな事ばっかり考えてしまいますね。

バス乗車から定刻の6時半間を経過しましたが、結局は1時間強の遅れとなって7時間半の乗車時間になりそうです。結果論ですが、新幹線にしておけば12時に新潟駅を出ても15時には自宅に着いていたよな…と大きく反省。価格差は4000円ほどありますが、4000円で約5時間が節約できるなら…と、ストレスの貯まる考え方に突入しちゃうのが良くない。

やっぱりこの新潟と東京での移動のストレスはホント何とかしたい。でも、常に新幹線ならOKというわけではないんですよ。やはり時間の自由度、コスト、荷物運搬の自由さなどを考えると自家用車に敵うものはありませんな。

19時40分に東京駅にバスが到着し、みんなぐったりと降りてきます。自分は東京駅から五反田駅まで山手線、五反田駅からバスに乗車して、武蔵小山の家に帰宅したのが20時半でした。

土曜日は新幹線のおかげで色々と用事がこなせて有意義でしたが、日曜日は移動だけで大半の時間が潰れてしまいました。奇しくも先日の日記で書いたとおり「新潟と東京での移動でストレスを抱えている」を追体験することになったのでした。

疲れて帰ってくるとストレスと空腹で暴飲暴食に走ってしまうといういつものパターンも発動し、反省しまくりです。でも、ちょっとづつ生活を最適化していくしかないですね。



日記の最新記事8件