2017/5/1 宇都宮から会津若松まで自走で移動

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. soraneko より:

    自分も地元ですので何度も走っているルートですが、悪天候のなかの長距離ライドご苦労様でした。
    山越えのルートでの最近の最大の懸念は「トンネル越え」でしたので、レーダーの有効性はこんなに有りがたい物は無いですよね。
    自分もなんでブルベにチャレンジしていたのかなと、療養中で乗れない間に色々と考えていましたが、「サイクリング能力の検定」という件をみて成程とスッキリしました。
    もともと「いつかは泊りがけの長距離ツーリング」の為に、色々なスキルを会得したくて始めたブルベでしたから、これからも色々なブルベに挑んで行こうと思います。

  2. bakky より:

    soranekoさん

    このコースは自分も大好きなコースで、鬼怒川温泉まで輪行して会津若松まで走って、磐越西線で実家方面まで輪行して帰るというのは自分の中でも定番の帰省ルートです。

    ブルベですが、いろいろな状況でも長距離を走る能力の認定が基本にあると私は思ってます。サイクリングしていると、自分の中でブルベ基準みたいな物が出来上がってくるので、これを自信に進むと結果的になんとかなったりします。

    自転車や体の故障というのはそんなに起きませんから、走るのを止めたくなるのはやっぱり精神的に心が折れることが大半なので、自分の中でそういう自信が出来ると色々と旅の幅が広がりますね。

    自分のペースで色々とチャレンジしてみるのが楽しいと思います。選択肢が広がりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。