SPEEDPLAY エアロウォーカブルクリートセットは今後のデファクトになるか?

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. blondeterrie より:

    「**のことで意見を聞きたいな」と思ったときに、なぜかタイムリーにそれがアップされる
    ばっきーさんのブログなのでびっくり、というのはさておきとして、

    私も連休から、ついにSPEEDPLAYデビューしたのですが(それまでSPD)、当地は郊外(いなか)で
    砂地なので、ウォーカブルクリートを買いました。
    先日、ライド先から輪行するときに、砂利の敷かれた無人駅でキャップをはめ、
    それから自転車を輪行袋に入れ、JRに乗りました。

    席についた時点で、右足のキャップがないことが発覚 涙(着けてから10分)

    途中駅で列車を乗り換え(階段使ってホームを移動)、目的地降車後に
    左足のキャップを外そうとして、キャップがないことが発覚(着けてから30分) 涙涙

    ということで、1時間もしないうちにキャップを失くしました。本当に外れやすいです。
    しかし、海岸の砂で埋まった道を回避できず、ほんの数メートルを自転車降りて歩かざるを
    得なかったとき、Cリングが砂にまみれた結果「外れないかも」危機感を実感したので、
    私はそれでも持ち歩くと思います。砂地限定使用にして。

    SPEEDPLAY専用靴+ウォーカブルは、底が厚くならなくていいですね。
    3つ穴靴にSPDを付けるためのアダプター+SPDと、歩きにくさ(易さ)は同じくらいと感じました。
    V2クリート+Koverの、高下駄よりずっとマシですね。
    もう1足あるベースプレートを使う靴にもウォーカブルを取りつける予定です。

  2. bakky より:

    新しいシューズもクリートもずーっとタンスの肥やしだったんですが、ふとこの週末に取りつける気になったのは、虫の知らせかもしれませんね。

    今までの経験から「絶対になくす!」という蓋ですが、1時間でどちらも紛失とは恐ろしいですね。砂よりも泥が詰まるとホントにクリート填まらなくなります。出来るだけそういう場所を歩くのを敬遠するしかなさそうです。

    専用靴はホント快適ですよ。調整が簡単だし、Cリングの寿命が延びるし、高さも低くなるし。SPEEDPLAYを使い続ける限り、SIDIの専用シューズを買い続ける運命になりそうです(悩む必要が無いのはある意味メリットですw)

  3. blondeterrie より:

    蓋の紛失ですが、最初の紛失は砂利の上で引っかかって取れたのではと推測したのですが、その後の紛失は駅構内の100mちょいしか歩いていないので、理由がわからないですね。
    ただただ、外れやすいということなのか。

    実は、記事でご指摘されたように、当初は「V2クリートにカバーだけ付けられる」と勘違いした私は、カバーとキャップだけを別買いしたんですね。w
    その後、誤解に気が付いたのですが、キャップはさっそく予備発動です。苦笑

    当地は泥は避けられそうですが、砂地は避けられないんですよねぇ~。また、日本海が見える石狩灯台まで走るのが好きなんですよ。関東K市・Y市では無問題と思うのですが。

    靴はLINTAMANなのですが、専用靴ではない方(カーボン)はベースプレートに工作が必要で、5番・6番シムを接着剤で貼ってようやく隙間なし状態でした。

  4. PIKA_NEW より:

    SPEEDPLAY、前からいいなーーほしいよーーー、という想いはあるのですが、
    坂道で押し歩きを多用する自分は買ってはいけないんじゃないか、
    それともSPEEDPLAYなら押し歩きなんかしなくなるんじゃないか、とか、
    悶々としていますが、
    ウォーカブルが登場すると、なにか普通に押し歩きしそうで、
    本末転倒的な匂いがしていますw(自分には)

  5. bakky より:

    ウォーカブルですが、流石にSPDほど歩きやすくはないです。
    自分もブルベなどで坂は降りて押す事がありますが、そういうのが予想されるときは最初からSPDで出かけたりしてます(笑)

    SPEEDPLAYですが、ペダルとしては両面キャッチなのが良いんですよね。シマノのSPD-SLとかだと填まらなくてイライラしてたのから解放されました。このクリートだとSPD-SLのクリートより断然歩きやすいですし。

    まぁ、押して登るのもアリ!と最近はメンツを捨てて割り切ってます、うはは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。