ミノウラ ポールスタンドオプション BC-V1で簡易バイクスタンド

ミノウラ ポールスタンドオプション BC-V1で簡易バイクスタンド

以前、自宅のロードバイク保管方法を紹介しましたが、そのときにミノウラのHPを見ていたら、バイクタワー用のオプションでBC-V1というオプションパーツを見つけました。

bc-v1-m

バイクタワー用のオプションで、タワーに取り付ける事で縦にバイクを引っかける事が出来るようになるオプションです。お値段は2500円ほどです。

これを利用すれば他の突っ張り棒とかで簡易スタンドが作れるんじゃないか?と思いつきました。丁度、以前ホームセンターで買ってきた1500円ぐらいの突っ張り棒が一本余ってたんですよね。
※メーカー想定と違う使い方なので、まねるなら自己責任で!

玄関に設置してみました。写真が横になってますが、本来は縦位置です。割とあっさり実現出来てしまいました。

普段はバイクを設置せずにテンポラリ用の自転車置き場ですね。突っ張り棒自体はミノウラのバイクタワーより細いので場所を取りません。壁際ギリギリまで寄せられます。

やはりハンドルがせり出してしまうため、横幅が必要になります。




以前、ミノウラのDS-2100という縦置きスタンドを買ったことがありますが、あれはスタンド自体がかなり設置場所を取るので、それよりは大幅に省スペースです。

自転車自体は後輪と二カ所のフックで支えます。フルカバータイプのリアフェンダーが付いている自転車は引っかけられません。

ポール自体は安物なのでミノウラのバイクタワーより直径が細いです。なのでカットしたタイヤチューブをグルグルに巻いて、オプションが取り付けられる直径まで増やします。

ちなみにこれが前輪を引っかける部分です。ここはぶっちゃけホームセンターとかで適当な金具を探してきたら、同じような役割の部品が手に入ると思う。

 

後輪を引っかける部分はU字型になっています。バイクの自重は後輪が支えているので、2カ所のフックは引っかけているだけであまり力が掛かってません。

という訳で別にバイクタワーでなくても、もっと安物の突っ張り棒でもいけるんじゃね?という目論見はバッチリでした。安上がりで割と使い勝手のよいスタンドの出来上がりです。

ぶっちゃけこのパーツ買わなくても、突っ張り棒の上の方に一カ所だけ前輪のリムに引っかけるフックを設置出来れば簡易スタンドになりますね。とはいえ、見た目だけならまるで製品みたいに仕上がるミノウラのオプションを使うと簡単に実現できるのがよいですね。