Escape R3のライトをハブダイナモ化は快適度大幅アップ。

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. blondeterrie より:

    いつも楽しく拝見しています。
    今日は、お買い物号 Escape R3のハブダイナモ化を探していて、ぐぐる先生が教えてくれたページがこちらでしたw

    もし、私が実現するとしたら、ショップ手組を買うので、ホイール側の苦労はないのですが、ライトとハブの取り付けがハードル高そうと思いました。(当方、電気的な工作には全く無縁の文系)

    ライトもぐぐってみると結構なお値段で、お手軽化に向けた投資額は意外に大きいのに驚いています。

    ちなみにうちのお買い物号くんは、オリジナルは「厳密にフレームしか残っていない」(ヘッドパーツもフォークもぜーんぶ換えちゃった)で、ホイールは既に105HUB+Open PROという定番ショップ手組です。
    ハブダイナモ化すると、走行性能ってはっきりと差がでるものなのでしょうか?

  2. bakky より:

    blondeterrie さん

    ぐぐるとEscapeR3関係の記事では、うちのBlogは上位に来るみたいですね。

    まずハブへの接続ですが、付いてくる電線の被膜を剥いて、写真の通りパチンを金具を填め込むだけ加工は終わりです。後はライトの端子に差し込むだけなので簡単です。ライト側への端子加工ですが、1000円ぐらいで買える圧着工具があれば、こちらも半田要らずで端子が取り付け出来ます。後はライト側への端子に差し込むだけで接続完了です。なおハブダイナモは交流なので、ライトへのコードのプラスマイナスもありません。

    お値段ですが、このライトはB&Mの上位から2つめのモデルですし、ハブダイナモ自体もロード用なのでこの組み合わせは日常使いではオーバースペックだと自分でも思いますね。もっと安いハブとライトの組み合わせで十分だと思います。

    リアライトのハブダイナモ化は是非やった方がよいです。乾電池ライトとは次元の違う明るさが恒久的に提供されるので安全度も大幅アップですし、ON/OFFや電池交換の煩わしさがないのは本当によいです。

    ハブダイナモ化ですが、自分は体重が重いのであまり差は感じないです。ブロックダイナモに比べたら雲泥の差ですし。ですが、ロードバイクに取り付けていたハブダイナモを最近外したら、やっぱり何か楽だなぁ、と感じるので確実にロスはあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。