武蔵小山 立ち飲み 晩杯屋


武蔵小山に引越しようと思った理由の一つに、駅周辺の豊富な立ち飲み屋に惹かれたという理由があります。

駅を出てすぐの場所でモクモクと焼き鳥を焼いている鳥勇をはじめとする飲み屋の煙にスッカリさそわれて、引っ越して来たら行くのが楽しみだったのであります。

昨日は弱虫ペダルの最新刊を買いに商店街に行った帰りに、フラフラと吸い込まれて、これまた有名な立ち飲み 晩杯屋に吸い込まれていきました。

さっそく、エアコンの聞いた店内に通して頂いて、お金を取り出します。そうです、正統派立ち飲みなので支払いはキャッシュオンです。今日は1500円ぐらいにしようかな~という訳で1000円札と500円玉をカウンターに置いて戦闘開始。




飲み物は黒ホッピーセット(350円)に、すぐに出てくる煮込み(130円)をオーダー。さっと七味を掛けて頂きます。

うーん、上野のたきおかを思い出しますね。煮込み130円ってのは安いなぁ~。

おまけ付きとメニューに書いてある野菜天(130円)をオーダーする。おまけはチクワ天でございました。一緒に塩が出てくるので、それをパラりと掛けてホッピーで流し込みます。

名物の極厚ハムカツ(300円)をたっぷり辛子を付けて頂きます。ソースも薄味のものが置いてあって、野暮ったくならずに良い感じ。

途中でナカ(210円)の焼酎をおかわりして、この日は終了。お魚も美味しそうだったので、今度は魚を試して見よう。

しかし、他にも試したい店が一杯あって迷いますね。

最新情報をチェックしよう!

飲み歩きの最新記事8件

>
CTR IMG