桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」はカルマが高い

2017 年 4 月 14 日




土曜日に買い物で都内に行ってきた。アキバで色々と漁ってきたり、御徒町の多慶屋で色々と物色してきた。

アキバで買ったもの。激安アルカリ電池。10本で100円だが、かなり古い電池なので危険な気もする。左のは200円で購入したUSBでエネループなどのニッケル水素電池を充電出来る充電器。単3、単4のどちらも充電可能であり、職場でマウスの電池とかをちょっと充電するのに便利だ。

これが今回のメインテーマ。左が最近話題になっている味覇(ウェイパー)である。中華スープの素の高級版で、これを入れると野菜炒めやチャーハンがグッと中華っぽくなる。実際にチャーハンとかを作ってみたが、確かに旨いよーな。ケチらずにドバっと入れるのがコツのようだが、なんかカルマ高そうだようなぁ。500gのが多慶屋で1000円ぐらいだったけど、楽天とかの通販だと900円ぐらいで買えるようです。配送料を考えると、多慶屋の値段で十分だ。





ちなみに「カルマが高い」という定義は「旨いんだけど、絶対に栄養的にはヤバくて体に悪い」というところを意味しております。カルマが高い食べ物として、ジャンクフード、我孫子駅の弥生軒の駅そば、カップ焼きそば大盛りなどが上げられます。他にもウインナーと白飯のみとか。

で、もっともカルマが高いなーと思ったのが、これまた最近話題の辛そうで辛くない少し辛いラー油でございます。1瓶110gで、これだけで700kcalぐらいあります(油の固まりだから当然なのですが)。中には揚げたニンニクやタマネギのチップやら唐辛子やら、香ばしい具が入ってますので、これと本体のラー油を混ぜてスプーンですくって白いご飯にかけて食します。

これが絶妙な感じで (゚Д゚)ウマー
ただし、もの凄い罪悪感を感じる味だ Ψ(`∀´)Ψウケケ

1瓶が360円ぐらいするんですが、ご飯にかけて食べるとあっという間に減っていきます。いやぁ、これは絶対に危険なので、今後買わないようにしようと思った。ただ、辛くないという宣伝文句通り、あんまり辛くないです(少なくても翌日トイレで困ることはなかった)。ただ、私はかなり辛いもの好きな人間なので、その辺は割り引いて考えてください。