ランドネきたかんDNSしてGWは新潟帰省&へやキャン△!

ランドネきたかんDNSしてGWは新潟帰省&へやキャン△!

GWの予定を見直し

3月末にフレッシュで新潟に行った際に実家に寄ってきたんですが、目に見えて両親の衰えが激しい。そりゃそうだ、親父殿も80歳を超えているわけですし。

今年のGW前半の予定は初日である28日の夜にJUNNAちゃんのライブを見にZEPP東京にいって、その翌日にAJ宇都宮の通称ランドネきたかん400kmを走りに行く予定で8時スタートの西回りをエントリーしてました。

しかし、今の走力では400kmの完走は少し不安なのと、ブルベを走るよりもキャンプツーリングをしたいのが正直なところ。そして実家で両親と今後の事を色々と相談して、今年中ぐらいから動かないとヤバい、と思ったわけです。

上記のような理由もあり、DNS連絡を入れて400km走行後のホテルはキャンセルしました。宇都宮スタッフのはじ~さん、ごめんなさい。そしてsoranekoさんとも初遭遇出来るかと思ったんですが、これも残念です。

29日は早朝に東京を出て、いつものルート(西会津街道で会津田島→会津若松→新潟)の途中でどこかキャンプ場で一泊し、30日に新潟の実家に帰省することにしました。いつもなら鬼怒川温泉まで輪行するのですが、宇都宮スタートにしてランドネきたかんのスタートにだけ顔を出すのも検討中です。

ちなみに始発で東京を出ると宇都宮駅には7時前に到着します。急いで自転車を組み立てて、ろまんちっく村まで自走で10km強なのでスタートの見送りにはギリギリ間に合うかも?

GWの予定は今のところこんな感じ

今年のGWは有給をうまく使って9連休の予定です。

28日(土) 昼は特に予定無し。夜はZEPP東京でJUNNAちゃんのライブ
29日(日) 早朝に輪行で東京を出て、鬼怒川から会津田島を超えて新潟方面へ。途中でキャンプ泊
30日(祝) キャンプ場出発で自転車で実家帰省予定。夜は新津で同級生と飲み会。
1日(火) 実家泊。今のところ予定はフリーなんで、新潟市でガルパン博覧会を見る。
2日(水) 実家泊。今のところフリー。
3日(木) 実家泊。昼間は特に予定無し。15時から地ビール飲み放題の予定
4日(金) 予定なし。新潟から帰ってくる?
5日(土) 予定なし(多分在京)
6日(日) 予定なし(多分在京)

なので、後半は東京に戻ってきてキャンプツーリングに行っても良いし、新潟でダラダラしててもいいわけです。

実家の建て替えの検討をしないと

新潟にいる間に両親と色々と相談して詰めないといけない話も多数あります。

というのも、自分は仕事をリタイヤしたら東京ではなく新潟に帰りたいと思っているわけですが、実家方面の家の老朽化が激しく、自分がリタイアするころには確実に建て替える必要があります。普段、同居しているわけではないので、自発的に私が動かないと話は全く進みません。

弟は新潟市の郊外に家を建てたし、妹は新潟に戻ってくるか不明です。意見は聞かないといけないですが、この話は自分が主体的に進めることになるでしょう。

ウチの実家(阿賀野市)は田舎なんで土地なんて安いんですが、そろそろ相続の話をどうするか?とかを真面目に計画しないといけません。土地も1カ所ならともかく3カ所もあります。

昔、お店をやっていた商店街に面した広い土地と店の建物、両親が現在住んでいる家、これら二カ所から500mぐらい離れた所に倉庫があります。

3カ所の土地について、自分で整理のためにちょっと書いておきます。

お店の敷地

昔、お店をやっていた所で1Fは広いお店の敷地です。2Fが住居スペースになってますが、普段は誰も住んでいませんので、帰省したときに寝泊まりに私が使ってます。水道は来ているけど風呂が故障してて入浴できず。トイレが未だにくみ取りです。老朽化が激しく建て替えが必須なのですが、土地が広く商店街に面しているため、住居用にするにも工夫が必要となる。

商売やっていた頃の名残もあり、1Fの元店舗スペースが昼間の両親の滞在場所になっていて、ここを無くしてしまうと親が家に引きこもりがちになって老け込みそうで心配。

家の敷地

店の敷地から徒歩10秒の近隣にあって、現在、両親が住んでいる。ただし昼になると家にいることはあまりなく、お店の敷地でお茶したり郊外の畑を耕しに行ったりしている。私も子供の頃はこちらの家に住んでいた。

両親のみで暮らす分には問題ないがとても狭い。お風呂は使えるがトイレがくみ取りで、自分はこちらの家に寝泊まりするのは、正直しんどいので利用することはない。

土地には3カ所の中では一番狭く、家の前の公道が狭くて自動車の出入りが困難である。土地の広さ的に駐車場付きの家を立てるのは無理な面積なので、土地活用が非常に難しい。両親が存命のうちは建物は持ちそう。

倉庫の敷地

商売をやっていた頃の名残で、上記のお店と家の敷地から徒歩5分ぐらい離れた住宅街の中に倉庫として活用していた建物がある。現在は単なる物置として使っているが、家一軒+駐車場の広さは十分にある。商店街に面しているお店の敷地より回りは静か。

住居として活用するならば、ここが一番条件がよい。現在は倉庫として鉄骨で組んだ物置っぽい建物が建っており、水回りがないので生活は出来ない。倉庫の中の不要品が大量にあり、これを処分しないと更地にも出来ない。ここに自分の老後の家を建てるのが一番なのだが、両親は店の敷地に建てろという主張をしてくる。




整理してみると問題が見えてくる

こうやって書いてみると色々と整理されてくるな。現状の整理して、計画通り進められるかどうかの下調べ、計画を立てて実行するまで非常に長い道のりになりそうである。

しかしですよ、両親がまだ動ける今のうちに進めないと手詰まりになりそうです。お金だってバリバリ稼げている40代のうちなら、色々と都合は付きます。自分の気力なども考えると、流石にそろそろ動かないとマズイでしょうと考えるようになりました。

こういう話を少しでも進めるために、今回は実家に長めに滞在することにしました。自転車で走りに行ったりするよりも、両親も含めて色々と相談してNextアクションを決めないと話が全く進みません。

という訳で、今年は「ブルベ走ってる場合じゃねぇ」という事で、冬になるまでに何かアクションを起こして、少しでも話を進めるように決心したのでした。

閑話休題…へやキャン△!

伊豆大島以来、キャンプに行けてないんです(泣)

一泊を含むキャンプは土日フルに使うので、ブルベで事前認定走行にいって本番のゴール受付をやったりすると、それだけで週末が2回潰れてしまってキャンプに行けません。

ちょっと仕事が忙しかったりということもございまして、1日休日出勤があってもキャンプに行けませんし、日曜日に行きたいイベントがあってもキャンプは行けません。

あー、ストレス溜まるなぁ、ということではけ口はグッズ集めと家でのテストに向けられます。

捗るのは、へやキャン△ばかり…という反動もあって、GW空けまでブルベは走らない事にしました。

最近、ハマっているのがアルコールストーブ。火力も弱く風ですぐ消えるので実用性で言ったら固形燃料やガスには敵いませんが、グッズ的な面白さはありますね。

こんな感じで家でゆらゆらとアルコールストーブで無駄に調理したりして、へやキャン△を満喫しております。

このアルコールストーブ、固形燃料を燃やすだけの台としても使えます。チタンなんで超軽量なんですが、プレヒートをしっかりしないと火が付きません。

炊飯テストは楽しいな

アルコールストーブでの炊飯テストなんかもやってます。アルコールストーブは火力調整が出来ないので、フタをすると吹きこぼれまくります。あまり炊飯には向いていないですね。

最近はフタをすると火力調整が出来るガスでも、炊飯時の吹きこぼれが絶対に発生するので水分が減るまではフタなしで炊飯してます。それでも蒸らすときにフタしてれば、ちゃんと炊けますね。

熱伝導のよいアルミのクッカーだと炊飯は余裕です。吸水と蒸らしさえしっかりと行うだけで美味しいご飯が炊けます。

屋外だと火力がどうしても落ちて炊飯は難しくなるので、やっぱり炊飯には火力が強くて調整も容易なガスが一番です。アルコールストーブは時間が掛かっても良い湯沸かしの用途には嵩張らないしピッタリですね。

ジェットボイルでも炊飯テストを久しぶりにやってみました。この例では上にフタ置いてますが盛大に吹きこぼれてコージーがとても汚れます。なので、現在は蓋なしで炊飯して水が減ったきたらフタを付ける&蒸らすようにしてます。

蒸らすときはタオルでくるみます。熱に強い木綿のタオルはキャンプ時の必携アイテムです。

一応、ジェットボイルでも炊飯は可能なんですが、専用クッカーはお米のこびりつきを掃除するのが面倒なんで、やはり五徳をセットして別のクッカーで炊飯した方がよさそうですね。

ちなみに最新のジェットボイルはトロ火が出来る様になりましたが、古いモデルはあまり火力を弱く出来ません。というわけで、どうしても底が焦げ付きます。チタンのクッカーにすると更に顕著です。これは火力調整がしにくいアルコールストーブでも同様ですな。

写真に載せてないんですが、チタンクッカーとかバーナー類が気がつくと増殖しておりまして、理科の実験のように卓上で色々と試して楽しんでいるのでありました。

とりとめも無いお話ばかりですが、この裏では自転車の組み立てが部品間違いでストップしていたり、オークションに不要品を出して意外と高値で売れてウハウハだったり、さらなるキャンプ用品が増えたりと趣味で多忙な日が続いてます。

そりゃ~、ブルベとか走っている時間とか準備する時間が捻出できなくて当たり前だ!