原因は頚椎椎間板ヘルニアで確定です

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. soraneko より:

    自分も昔原因不明の下腹部の重い痛みと、起きられないくらいだるくなる症状に悩まされて、数年かけて色々な医者を回った挙句、最新鋭の腸の造影検査を行ったところ「大腸けいしつ」という腸の一部が膨らんでくる病気だという事を突き止めて事なきを得たことが有りました。
    しかしロードバイク乗りにロードバイクに乗るなというのはもはや死刑宣告のような物で、自分も前回の怪我で2か月乗れなかった時は、ストレスと運動不足で他の部分の調子も悪くなってしまい、不健康の塊のようになってしまいました。
    ある程度治療が進んでくれば、前傾姿勢を伴わないローラーとか、MTBやクロスなどで軽く脚を回すところから始められても良いのではないかと思います。

    同僚の自転車乗りも、ヘルニアで2回の大手術をしましたが、今はなんとかロードバイクに復活して、一緒にツーリングを楽しんでいます。
    こうなるとストレスとパフォーマンスが落ちる事の恐怖と、回復しない焦りとの戦いとも言えますが、多くのライダーがこの長い道のりを克服していますので、ばっきーさんなら必ず克服して、またロングライドに出かけられると僕は信じています。
    僕も来年の長距離ブルベへの復活に向けて、なかなか前に進まないながらも、コツコツと準備をしていますので、ご一緒に頑張りましょう!。

  2. トシ より:

    かなり大変なようで、早く良くなることをお祈りいたします。
    僕は以前に肋骨を骨折し、自転車に乗れない時期にハイキングをはじめました。
    その気になればガッツリとスポーツとして、のんびりやってもそれなりに楽しめ、道具に凝れる点も自転車に通じる所があり、今では自転車に続く趣味となっています。
    ヤマノススメの三期も決まったそうですし、これから秋になって涼しくなれば近郊でも楽しめる場所が増えるので、舞台めぐりも兼ねてのハイキングなどはいかがでしょうか?

  3. bakky より:

    soranekoさん

    力強いコメントありがとうございます。やはり医者でハッキリと原因が分かって驚きましたが、ちょっとスッキリしたのも事実です。

    soranekoさんも大病をされていたのですね。自分もこれまでは病気とか無縁な生活をしていましたので、色々とストレスを感じてしまっています。ローラーとかウォーキングであればしても大丈夫かと思いますので、自転車に乗れないストレスはそちらで消化したいですね。

    回りでは楽しそうに自転車に乗っている人の影で、治療に専念している自転車乗りもチラホラいます。今は治療に専念すると共に、9月に私が担当する200kmのブルベの準備やら、来年のブルベに向けての仕込みを進めようかと思います。

    来年も宇都宮方面には多分走りに行くと思いますので、無事に復活してブルベでお会いしたいですね~。

    トシさん

    コメントありがとうございます。まさか思ったより症状
    が重くて、こんなに長い間自転車に乗れないとは思いませんでした。

    実は自転車に乗り始めたころの趣味の一つがハイキングでした。関東の低い山歩きをする程度でしたが。なので、道具は一式あります(笑)

    ただ、自転車を落車したときに膝を痛めてしまいまして、それ以降は膝に負担の掛かるハイキングはしていないんです。もう少しウエイトを落とすと膝の負担も楽になるので、ちょっと減量してハイキングも再開したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。