ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

WISHBONE FDアダプターと RIDEA DAS4 FDアングル スペーサーで楕円のフロント変速は改善されるのか?

time 2017/04/20

sponsored link

WISHBONE FDアダプターと RIDEA DAS4 FDアングル スペーサーで楕円のフロント変速は改善されるのか?

楕円リング、特にROTORのQ-Ringは楕円チェーンリングの代名詞的な存在ながら、フロントの変速性能がイマイチである。

ここでいうフロントの変速性能であるが、楕円特有の問題とQ-Ring固有の問題は切り離して考えたほうがよい。また変速性能が悪いって具体的にどういう事だろう?

楕円にすると変速性能が落ちるって具体的に何か?

私独自の解釈であるが、シマノの真円のチェーンリングと比較して楕円リングが劣る点は以下の3つですね。

  1. 変速操作してから変速が完了するまでの時間が遅い
  2. 変速時にチェーン落ち(インナー側、アウター側共に)しやすい
  3. FDの羽根の位置の調整が難しい

特にQ-Ringは他のチェーンリングより変速ポイントの出っ張りが少なくて、チェーンが引っかかりにくい。このために、この変速性能の低下が他のリングより顕著な気がします。

ちなみにフロント変速の性能については、このサイトに非常に良くまとまられています。なるほど、インナーリングとアウターリングでチェーンを掛け替えるポイントを最適化しているシマノには敵わないわけだ。

1.については前述のサイトに「いかにシマノの変速が優れているか?」が書いてあるので、そっちを読んで貰うことにして、2と3については本質的には同じ問題だったりします。チェーン落ちしないけど変速は出来る位置にFDの羽根を調整するのが難しいっていうことだから。

で、その変速ポイントを調整出来るパーツが2種類発売されています。

Wishbone FDアダプターはこんなパーツが3000円以上するのか?という気持ちになれる

Wishbone(ウィッシュボーン) FDアダプター はFDの取り付け位置を後ろにズラすだけで変速性能を向上させるというパーツである。ワールドサイクルさんで扱っているので、通販で取り寄せたのですが、マニュアルもついてないアルミのスペーサーとネジで3000円以上するのである。

実際に取りつけた人のレビューは目にしない。買ってないのに紹介しているページはあるが、やはりここは人柱になって見るべきだろうと思う。という訳で、やや義務感的な感情から購入してみたのだ。

ほんとFDマウント台座に取りつけるだけのアルミ削り出しの部品である。原価なんて数百円もしないだろうが、3000円以上のプライスがつくのは如何にこの商品がニッチか?というのを表していると思う。

シマノがスモールパーツとして発売していたら、500円とかだよ、きっと。シマノのおかげで「自転車部品ってこんなに精巧なものがこんな値段で買えちゃうの?」と驚くていたんですが、たまにこういう「これで○○円!」と驚く商品もある。

値段に関する愚痴はここまでと致しまして、取り付けを考えましょう。チェーンキャッチャーを付けると付属のネジでは長さが足りません。

たまたま秋葉原のネジの西川に寄ることがあったので、少しだけ長いボルトを調達しておいた。チェーンキャッチャーを使っている人は準備しておきましょう。

ちなみに取りつける前のFDの状況はこんな感じ。

FDアダプタを取りつけるとこういう感じになる。家で手でクランクを回して変速を試したが、違いはあんまり実感出来ない。ホントに効果あるのか?

で、先週末にちょっと走ってきました。変速操作をしてからチェーンを持ち上げるタイミングが少し早くなったような? まぁ、羽根がチェーンをアウターリングに引っかけるタイミングが早くなったんだろうな。

という訳で体感的にはちょっとだけ変速が早くなったことを実感出来ましたが、少しするとこれが当たり前になって恩恵を感じなくなるように思います。

RIDEA DAS4 FDアングル スペーサーの方は効果はあるのか?

もう一つ、楕円リングの変速速度を改善させる効果があると言われているのが、楕円リングを販売しているリデアのディレイラーの取り付け角度を変えて変速性能を向上させるパーツである。

こいつはお値段は1000円ぐらいなので気軽に買えるのですが、実物を見ると「シマノのスモールパーツなら300円ってところだな」という感じの部品です。

このスペーサー、くさび上になってまして、これをマウントに噛まして締め付けるとFDの羽根の角度を変えられるそうな。

ちなみにこれが取りつけ前です。FDの羽根の角度に注目しておkましょう。

アングルスペーサーは上下を逆にスペーサーとして使う事で、FDの取り付け角度を変えられます。これは通常とは逆の取りつけです。正直、変速は非常に悪くなりました。

正しく取りつけるとこんな感じ。3枚で比較するとリングに対して羽根の角度が違っていることに気がつくと思います。

で、こっちは今のところあんまり効果は感じていません。もうちょっと乗りこんでみてから判断かな。ただ、このパーツ、小径車などでFDの取りつけ角度を変えなければならない場合の調整用としての需要があるそうです。

結果的に効果はあるのか?

ウィッシュボーンのFDアダプタは何か効果ありそうです。ただ、あの値段を払う価値があるか?というと、微妙かなぁ。もう少し乗り続けてみて、またレポートしたいと思います。

sponsored link

コメント

  • 人柱本当にご苦労様です。
    そうなんですよね、誰かがこうやって記事にして頂けないと、仮に雑誌等で取り上げられたところで、「ヒモ付き」提灯記事ばかりで、それこそ大枚大損しそうで・・・・。
    クリートスペーサーとかも、昔結構な値段で買っていたのに、あっさりシマノから安い価格で出ましたから、楕円リングで変速性能が「許せない」向きが増えれば可能性もあるのでしょうか?

    by soraneko €2017 年 4 月 23 日 16:01

  • soranekoさん

    Blogとかでもアクセス数稼ぎなのか、実際に買ってもないのに想像でレビューしたり、紹介だけの記事だけを載せているサイトが目立つようになりました。

    やはり実際に使ってみないとなんとも言えないです。高いですが、WishboneのFDスペースアダプタは少しだけ高価は実感出来ました。3000円が価格に見合うかは甚だ疑問ですが。

    楕円リングの利用者が増えてきたら、シマノや他のメーカーが動いてくれて改善パーツが増えそうですが、今のところはやはり物好きが使っている、という程度でしょうね。

    by bakky €2017 年 4 月 24 日 10:50

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)