ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

2016/8/11~12 木崎湖キャンプ合宿

time 2016/08/16

sponsored link

2016/8/11~12 木崎湖キャンプ合宿

久々に夏休みを頂きまして、8/11の山の日から8/15まで5連休が取れました。前半は新潟の同級生のモコさんが、木崎湖でキャンプするからおいで~とお誘い頂いたので木崎湖へ。

YUKI氏も何とか休みが取れたということなので、青春18切符で現地に向かうことに。自転車を持って始発で出発して6時前に新宿でYUKI氏に合流し、二人で木崎湖の最寄りである信濃木崎駅に向かいます。

20160811_2

6時間ほど掛かりましたが、12時過ぎに信濃木崎駅に到着です。山の日ということもあって、落ち着いて座れない区間もありました。中央本線は特急の通過待ちが多く、18切符の旅は結構面倒でしたね。

ちなみに乗り換えは以下の様な感じです。座れなかったのは新宿から立川までと、甲府から韮崎までの区間でした。甲府から松本の125分が「あずさ」通過のための駅での待ち時間が多かったです。

■新宿    
|  中央線各停(高尾行) 05:50-06:48[58分]
| 
◇高尾[18分待ち]
|  中央本線(東日本)(甲府行) 07:06-08:42[96分]
| 
◇甲府[11分待ち]
|  中央本線(東日本)(松本行) 08:53-10:58[125分]
| 
◇松本[21分待ち]
|  大糸線(南小谷行)  11:19-12:26[67分]
| 
■信濃木崎

青春18切符だと6時間半掛かるとは言え、実質2370円で移動できるのは格安でしょう。更に登山客向けに夏場の週末のみ走る「ムーンライト信州」という夜行列車を使うと乗り換えも楽になります。

とはいえ、お盆の繁忙期でなければ松本までは「あずさ」の回数券で5000円で行けますから、個人的には松本までの移動は18切符より「あずさ」の回数券を買う方が万人向けだと思います。

ちなみに松本から信濃木崎までの大糸線ですが、ワンマン車両での運用となります。無人駅では車掌がいるドアの近くしか空かないので、無人駅である信濃木崎で降りる場合、事前に輪行袋を持って該当ドアの前に移動しておく必要があります。

20160811_3

自転車を組み立てて、キャンプサイトに向かいます。直前で和室バンガローに空きが出たので、予約しておきました。2人で利用しても1600円×2+光熱費500円で畳敷きの部屋を借りられるのはリーズナブルですね。

既にモコさんは9時にキャンプ場入りしてます。9時の受付と同時にキャンプ場に入って良い場所を押さえてくれているそうな。なんかタイムラインを見ていると、イガランダーさんとかリンパウ君とか新潟の自転車クラスタの人間も集まってきているようです。

20160811_4

木崎湖キャンプ場に到着。バンガローの受付は13時からということなので、キャンプ場の方のメンバーにご挨拶。イガランダーさん、モコさん、ブイハチさんは既にテント設営済み。回りには自転車も一杯です。

連日、暑い日が続きますが標高の高い木崎湖は流石に涼しく、まさに避暑地といった様相。ちなみに海外では避暑といえば湖があるのが常識なんだそうです。

皆様にご挨拶して、バンガローの受付でとっちーさんにご挨拶。お願いされていた伝言を伝えて、荷物を置いたら早速走りに行きましょう。

20160811_5

縁川商店でボトルに入れるドリンクを補給。今回は縁川商店はこのタイミングでしか行きませんでした。

この後、小熊山を登りに行ったんですが、何も食っていない空腹の状態で登ってたらスキー場から小熊山のハイキングコースの分岐あたりで限界を迎えて、一旦下ることに。あそこまで登ったのであれば、もう辛いところは終わりっていうことをスッカリ忘れて居ました。

20160811_6

真夏の木崎湖は最高に気持ちよく、もう毎年夏は海より木崎湖がいいなぁ、と思ったのでした。自転車だけだと荷物が持てないので色々不便ですが、今回はキャンプ道具なら任せろ!っていう新潟の三条方面からクルマで来ているメンバーが多数で、キャンプ道具には困らなそう。

ぶっちゃけお願いすれば道具はレンタル出来るので、自転車だけの場合には素直にレンタルすれば寝袋やバーベキュー道具に困ることはないでしょう。もっとも買い出しにはクルマがないとツライかな?

今回は肉やら酒が沢山のクーラーボックスに保管されており、いやぁ、素晴らしいですな。自転車だけの我々はスッカリお世話になってしまいました。

20160811_7

モコさんと同行者のブイハチさんだけかと思っていたら、イガランダーさん一行、リンパウ君達などの新潟組、あぶみーさん、そして京都からきーちゃんさんも来てまして、総勢10人ほどで夕方からバーベキューです。

自転車とは関係ないですが、信濃大町に ボンネットバスを見に来ていた大鳥居氏も合流。突然だったのでバーベキューには参加出来ずでしたが、面識がないはずの他のメンバーとも色々とお話して楽しんでおられたようでよかった(その後、夕方にゆーぷるに入りに行ってダムカレー食べたそうな)

20160811_8

下ごしらえは俺に任せろ!ってな感じ。砂肝とか美味しいかったですなぁ。

20160811_9

リンパウ君が持ってきた栃尾の油揚げも美味しい。モコさんが富山のサイクルイベントで買ってきた氷見の醤油を掛けて頂くと更に美味しかったです。

イガランダーさんがまた危険な日本酒を一杯持ってきてまして、特にきーちゃんさんが持ってきた獺祭はヤバいぐらい美味しくて、どこで買えるの?という質問出まくり。

新潟県人が多いこともあって、日本酒飲みまくりでフラフラになりましたヨ。新潟ばんざーいwと木崎湖で盛り上がります。

肉も野菜も美味しく焼いて、暗くなるころにはバーベキューも終了。やはりアウトドアでは暗くなると行動が制限されますから、夕方の明るいウチに色々と済ませるのが吉ですな。

20160811_10

20時過ぎにキャンプ場から徒歩でゆーぷるの湯に浸かりに行って、露天風呂を満喫。その足でローソンに寄って、キャンプ場に戻ってこの日は解散。

私とYUKI氏は和室バンガローで寝たのですが、正直半袖短パンじゃ寒いんです。エアコン入れないと寝れない都会と比べると、別世界の様に涼しかったのです。

この日の自転車は駅から木崎湖キャンプ場までと、小熊山をスキー場分岐まで登って戻ってくるだけだったので、10kmほどしか乗ってません(笑)

20160812_1

翌朝は5時すぎに日の出と共に起床。朝支度をしてキャンプスペースの方に行ってみると、みんなもう起きてて朝ご飯の準備中。

きーちゃんさんが入れたコーヒーを美味しく頂きまして、炭火で焼いたトーストも非常に美味しかったです。そういえばきーちゃんさんのクルマ、京都から木崎湖までの道のりで壊れて何とか辿りつけたのですが、昨晩遅くに代車が届いたそうで、何とか今日中に帰れそうとのこと。

20160812_2

モコさんが朝からパスタを茹でて、それを皆様で頂きます。昨日日本酒を飲みまくった影響で、みんななんとなく、けだるい感じ。

キャンプ場の朝のダラダラした雰囲気って最高なんですよね。モコさんが作るパスタも朝の食事として丁度良くて美味しかったなぁ。バジルのパスタ最高です。

20160812_20

でも、小熊山に登りにいくぞ!というメンバーもおりまして、ジャージに着替えて出発準備完了。

昨日、途中で帰ってきちゃったので自分も参加することにしました。よし、登って腹を減らしてこよう!

20160812_3

昨日の朝、乗鞍の登ったメンバーは既に満足しまくっていて、キャンプサイトでひたすらマッタリしておりました。

あぶみーさん、きーちゃんさん、リンパウ君あたりが乗鞍まで行ってたそうな。うーん、一度は自分も登りに行ってみたいものだ。

20160812_6

32Tのついたマキノ号にスピーカーとアクションカムを取りつけて、小熊山を登りに出発。

4K動画が撮れるソニーのアクションカムを初投入したのですが、とても綺麗な動画が撮れるのはいいんだけどファイルサイズが大きくなりすぎて配布方法に悩みます。

20160812_7

朝の涼しいウチに小熊山に登りますが、とにかく至るところにサルの糞が落ちてまして(笑)

モコさんはクライマーだけあって登るの早い。YUKI氏もすっかり軽量化して登るの早いので、自分は歩くのと変わらないような速度でノロノロと登ります。

20160812_8

一度、登り切ってから降りてきたリンパウ君は更に凄いクライマーなので、小熊山ぐらいならサクサクと登っていきました。

20160812_9

ジャンプ画像を撮ろうと思ったけど、足が萎えていたので「逆光は正義」的な写真をYUKI氏に撮って頂きました。まぁ、この体型で登っただけで許してももらおうw

20160812_10

痛ジャージ4人衆は色々と写真を撮って楽しんでいたようです。

20160812_11

イガランダーさんは小径車で登ってました。いやぁ、若いっていいなぁw

YUKI氏は明日、千葉の灼熱ブルベ200kmに出走ということなのでここから松本まで自走して、特急あずさで帰京するとのこと。お疲れ様でした~~。無事完走されて、翌日はお台場のコミケにもいったそうな。シクロポリスの新刊を購入してきてくれてありがたや~~。

20160812_14

小熊山からキャンプサイトに戻ってきたら、サイボクハムの美味しい肉とソーセージを持って すとれいさんががマキノのMK01と共に颯爽に登場。昼ご飯にいきなりバーベキューという愉悦の瞬間。

すとれいさんに感謝感謝でございますな~~。で、また昼からビールを開けてました。ダメ人間の出来上がりです。サイボクハム、今度自分も自転車で行ってみます。

20160812_15

すとれいさんの「超高級豚肉を喰らいなさい!」と炭火で焼いた豚肉。ご、ご飯ください…w

20160812_13

そういえば折角なんで湖水浴しましょう、ということでモコさん、リンパウ君、イガランダーさん、私の4人はジャージで湖水浴してきました。

水が綺麗なので最高に気持ちよかったです。動画も撮影してましたが、最高に気持ちよさそうな映像なのですが、顔出しなので関係者にだけ配布でございます。残念。

20160812_16

ジャンプサイトでジャージを干す脇でひたすらバーベキュー。木崎湖最高ですな~。

思わぬ感じで多くの人とキャンプを楽しめまして、最高の夏休みスタートとなりました。

20160812_4

木崎湖キャンプ場に来たら玉無さんの写真は押さえておかないとね。

20160812_5

美輪明宏のような迷子の犬を保護。その後、すぐ飼い主さんが来たようですが、大人しくて可愛かったなぁ。抱いても逃げないんだもん。

20160812_17

キャンプサイトを片付けて、今晩も泊まるメンバー以外は撤収です。という訳で記念撮影でございます。

ご一緒して頂いた皆様、ありがとうございました。この後はモコさんのクルマに自転車を積んで貰いまして、新潟まで戻りでございます。

白馬から糸魚川に抜けて北陸自動車道で帰るのですが、白馬から糸魚川のルートは自転車で通るのはちょっと無理なんじゃない?っていうトンネル区間の長さ。

それでも新潟方面から走ってきた自転車が2台居たりしました。まぁ、知っていたら白馬~糸魚川間は自転車では走りたくない感じ。

20160812_18

夕暮れぐらに柏崎手前の米山のSAで晩ご飯です。運転お疲れ様でございます。

20160812_19

レストランから見る日本海の夕日は綺麗でございました。

この後、20時にモコさんの家に到着し、ここで最寄り駅まで送って貰って輪行で実家に帰ります。電車の乗り継ぎがよく、21時半には実家にたどり着けたのでした。

ただ、実家は窓開けてないと寝れない感じの気温でして、窓開けて扇風機で寝ていたら、たくさん蚊に食われまして、痒くて夜中に何度も目が覚めるという辛い夜を過ごしたのでした(笑)

<2016年 夏休み後編に続く>

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)