ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

Aukey AIPower PB-N37と今年のブルベ時のライト装備

time 2016/01/20

sponsored link

昨日の記事と同様に、この人が推薦してしまうとつい買ってしまう法則のもう一人がひとりぶろぐのmoyashiさんが居ります。

安納芋ブームはmoyashiさんにオススメされたからですし、以前購入したUSB給電の大変明るい中華ライト、録画用サーバーの構築なども全て影響を受けたからです。んでもって、今回は5000mAの円筒形のモバイルバッテリーがAmazonで999円でセール中というつぶやきをみて、即ポチりました(1/17現在、セールは終わってます)

モバイルバッテリーAukey AIPower 5000mAh PB-N37が999円でセール中 ※既にセールは終わってます

20160120_1

999円ならば!と即購入して、手元に届きました。この円筒形っていうのが個人的欲しかったんですよね。理由は後で後述します。

999円とは思えない立派な包装です。普段は1580円ぐらいの価格で売っているのですから、当然でしょう。ANKERもそうですが、AUKEYのデバイスも我が家で最近増えつつありますね。

20160120_2

美しい輝きの本体とUSBケーブルのみが箱の中には入っておりました。ANKERの容量が半分ぐらいの円筒形モバイルバッテリーをそのまま大型したような作りですが、給電開始ボタンとかはないです。自分はあのボタンはない方がこ好みです。

まぁ、細かい性能はひとりぶろぐさんの記事を参考にしたほうが良いでしょう。

20160120_3

重さを量ってみると130gあります。正直ずっしりとくる重さですが、安っぽさは皆無ですな。

20160120_4

大きさ的にもVolt300などのキャットアイのライトとほぼ同じ感じ。重さも同じぐらいですしね。

20160120_5

なんで円筒形のモバイルバッテリーが欲しかったかというと、現在使っている小型のトップチューブバッグの背が低くて普通のモバイルバッテリーだと収まらないのです。

このくらいの背の高さのトップチューブバッグならば、ダンシングで膝があたるということもなくフォームに影響を与えません。容量は最低限ですが、フロントバッグを付けていない時にはトップチューブバッグは唯一の荷物入れとして必要になります。

ここには、これまではANKERの2500mAの円筒形バッテリーを入れてましたが、このAUKEYのバッテリーもすっぽりと収まります。ここからケーブルを伸ばして、Garmin Edgeやライト類を充電するのです。

20160120_6

今年のブルベ装備でのハンドル回り。ステム上にEdge520Jか1000Jを取り付け、左にeTrex、右にリクセンカウルのマップホルダーをキューシートホルダーとして取り付けます。

フロントバッグが必要な場合には、Cervelo R3ではなくてマキノ号を使います。マキノ号はライトマウントがフォークについてますし、フロントバッグにキューシートを入れるポケットがついてます。

R3はやはりロードらしさを残すために、フロントバッグは無しでハンドル回りに装備を集めてみました。サイコンマウントなどは取り付けずに2台のGPSとキューシートを取り付けられたのは、ライトをハンドルから逆さ釣りにしているからです。

20160120_7

ライトは昨年はVolt1200と予備でVolt300を使っていましたが、Volt1200を手放して、Volt800と700の二本体制にしました。700はオークションで購入、800は新規に買い足しです。

電池の持ちという意味ではVolt1200は非常に優秀で、一番光量が低いモードでも十分な明るさで12時間以上電池が持ちました。しかし、個人的には電池交換が面倒なので、よりシンプルな700/800シリーズに買い換えたのでした。

電池の持ちは1200に比べるとイマイチな700と800ですが、夜の長い冬場のナイトランにおいては1本で一晩持ちません。途中で2本目に点灯を切り替えるのですが、電池が空になったら上の写真のようにトップチューブバッグからライトに充電することが出来ます。雨天時はこれだと水没してしまいますので、ライトを外してサドルバッグの中などで充電する必要がありますね。

600kmブルベ用にVoltシリーズ用の充電池を二本予備に持ち歩いておけば十分でしょう。ローモードでもそれなりに明るいVolt700/800シリーズですが、街灯のないところでは少なくともミドルモードを使いたくなりますが、これだと電池が3時間ちょっとしか持ちません。そういう事態に備えて、途中で充電出来る手段を確保しておくのは重要です。

Volt1200も途中で充電出来るので同じように運用出来るかもしれないのですが、故障などのトラブルを考えると互換性のある装備が複数あったほうが対処しやすいという理由もあって700と800の二台体制に変更したのでした。

このAUKEYのバッテリーですが、扱いやすい形状なのに容量も5000mAもあり、トップチューブからGarmin Edgeに給電したり、ジャージのポケットに移してスマホを充電したりと使い勝手は良かったです。お値段999円だったこともありコストパフォーマンスも上々です。

買いたそうかな?ともう一度Amazonをチェックしてみたらタイムセールは終わってました。うーん、残念です。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)