ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

バーミッツとDeFeetの軍手で今年の冬を乗り切ろう

time 2015/12/17

sponsored link

以前から気になっていた装備として、ドロップハンドルに取り付けるハンドルカバーであるバーミッツがあります。それなりに良い値段がするのですが、家から最寄りの自転車屋さんであるセキヤさんが移転するときに、処分セールで安くなっていたので購入しました。購入したサイズはLです。

20151217_1

しばらくはタンスの肥やしになっていたのですが、本格的に寒くなってきたので取り付けてみました。取り付けは数分もあればOKです。右側はミラーを取り外ししなくても、ネオプレン素材の伸縮性のおかげで通す事が出来ました。

STIはすっぽりと覆われてしまうので、操作は常にブラケットポジションでないと出来ません。乗車中のポジションがブラケットポジションに限られてしまうのが難点ですが、暖かさは素晴らしく、分厚い手袋の出番はなくなりそう。

最近のサイコンはタッチパネルの物が増えていて、分厚い手袋だと操作しにくくなります。今年の冬はDeFeetの軍手っぽい手袋とバーミッツで乗り切ろうと思っています。

20151217_4

DeFeetの軍手っぽい手袋として自転車乗りに有名なモデルです。日本で買うと3000円ほどするので、作りの割に高い!と言われているので海外通販で2200円ほどで入手しました。

この前の奥武蔵グリーンラインに走りに行った時に田村編集長がこの手袋をしていて「軍手っぽいけど、確かにこの手袋はよい」と褒めていたので購入してみました。目の細かい素材なので暖かく、表面に滑り止めのゴムが付けられています。自転車で使うには、この滑り止めがないと辛いんですよね。

目が細かいとはいえ風を通すので厳冬期は厳しいですが、晩秋や春先には重宝しそうです。この手袋、親指、人差し指、中指の先に加工がしてあって、スマホの静電式のセンサーが反応します。今年の厳冬期はこの手袋とバーミッツを併用してみようかと思ってます(暖かすぎるかも?)

20151217_2

さて、バーミッツに話を戻します。多くの人が言われるように見た目が格好悪くなるのが残念ですね。まだこの状態で輪行したことはないですが、このまま輪行しても問題はなさそう。前面のシルバーのワンポイントは反射材になっています。

前述の手袋をしていれば長時間は厳しいとはいえ、ちょっと気分転換に下ハンを持ったり、上ハンに持ち替えたりも出来るかなぁと予想してます。スミマセン、何せ全然乗れていないので、実際に試した訳ではございません。

ウェットスーツにも使われるネオプレン素材ですから、雨天時に防水手袋を使わなくてすみそう。冬場の雨は辛いので、雨が予想されるときに走る事はあまりなさそうですが、雨天ブルベや予想外の雨に降られた時には重宝しそうです。

20151217_3

バーミッツのサイズですが、殆どの人はLサイズで問題ないと思います。YUKI氏が一緒にMサイズを買ったんですが、サイズが小さいと上の写真の手を差し入れる部分の開口部が小さくなってしまうようで、手の出し入れがしにくくなるそうです。

サイズが小さい方が見た目が崩れないとか、手にピッタリしてて保温性がよいというメリットがあるのかも?と予想しましたが、バーミッツを取り付けた見た目なんか拘っても仕方ないですし、保温性にも大して差はなさそう。

手そのものがとても小さいとかいうのでなければ、殆どの場合は大は小を兼ねるということでLサイズで良いんじゃないかな~と私は思いますが、実際にMサイズを試した訳ではないので自己責任で判断ください。

バーミッツですが、カタログを見ると赤とか青のモデルがあるようなのですが、日本国内では黒しか見たことがありません。出来れば色違いのモデルが欲しかったですね。

あと、以前のシマノのコンポのようにSTIから横にアウターケーブルが出ているモデルでも使えるように設計されているのですが、最近のSTIに合わせて設計すれば横のファスナーなどは省略できます。もっとコストダウンと改良の余地があるなぁ、と思う次第です。

sponsored link

コメント

  • いつも楽しく読ませていただいております。
    バーミッツで輪行や200、300を走りましたが普段使いは全く問題なかったです。
    問題があるとしたら、咄嗟の時ハンドルから手を離そうとすると、
    バーミッツに当たり、すぐ出ない&ハンドルが振られることでしょうか。
    咄嗟で慌てているので、振られると尚さら慌てます(笑
    あと、逆に手を離しているとき、すぐにブレーキを握れないことでしょうか。
    それ以外は問題無しで、温かくて最高でした。
    いまは早朝や夜に走らないので全く利用する機会がなくなってしまいました(笑

    by 隊員2号 €2015 年 12 月 17 日 14:21

  • 隊員2号さん

    使い勝手のレポートありがとうございます。
    やはりこれは優れた防寒具みたいですね。
    とっさの手の出し入れに不安はありますが、使い続けてくれば
    慣れるかなぁ~と。

    でも確かに早朝とか夜に走らなければ要らないですね。
    自分は来年はブルベ出走は減りそうなので、確かに出番は
    少ないかも知れないです~。

    by bakky €2015 年 12 月 17 日 23:32

  • DeFeetの軍手はもう4年目なのですが、さすが高級軍手。
    ヘタることなく冬は愛用しています。
    編みこみがキツめなので、逆に暖かい日だと暑かったりしますね。
    バーミッツは真冬ではなくて、4月の雨スタートだった西東京300の時に、一緒に走っていただいた方が、
    防水性能がとても良いとオススメしてくれましたが、購入したそのままではなく、なにか加工していたのを関心した覚えがあるのですが、すっかり忘れてしまったので、次回の西東京で詳しく聞いてみます!

    by PIKA_NEW €2015 年 12 月 20 日 13:14

  • PIKA_NEWさん

    毎度ありがとうございます。
    DeFeetの軍手、スマホ対応が地味に便利で日常使いしています。
    もう1つ購入しておけば良かった(送料が地味に掛かる海外輸入先だったので)

    バーミッツは確かに雨の時にとても良さそうですね。
    今年の冬場のブルベではバーミッツ装備の参加者が増えるんじゃないか?と
    予想しています。何か面白い工夫ありましたら、ご教示くださいませ。

    by bakky €2015 年 12 月 20 日 17:04

  • いつも楽しく興味深く拝見させていただいています。

    BAR MITTSではないのですが、「45NRTH」という雪のファット系用品のメーカーの「COBRAFIST」というカバーに、関東で買ったDeFeetのグローブを使い始めたところです。気温が-5度でも乗っているときは手が冷たいことはないので、風を遮るって効果が高いと、改めて思っています。
    雪が融けた春先のロードにBAR MITTSを使ってみようと思っています。

    DeFeet、なぜか札幌のショップでは売っていません。インナーとしては使いにくいのと、当地の冬はこれ1枚では乗り切れないからかもしれないのですが。深雪で落車すると雪がつくのが難点といえば難点ですが、これはメーカーも想定していないでしょう。

    ちなみに、雪かきでもDeFeetは大活躍です。ただの軍手より暖かいですし、滑り止め付いていますし。

    by blondeterrie €2016 年 1 月 30 日 17:07

  • blondeterrieさん

    いつもTwitterではどうもです。

    Defeetのグローブですが、自分は海外通販で買いましたが日本のAmazonとかでも買えますね。
    あまり店頭においているのを自分も見たことはありません。

    割と普段使いの手袋として優秀でして、自転車に乗るとき意外も使っています。
    もう1枚追加で買っておけばよかったと思いました。最初の頃は指先に塗ってあるタッチパネル対応
    のおかげで手袋したままでスマホもいじれたのですが、段々反応が悪くなってきました。

    バーミッツとDefeetのグローブの組み合わせは、なかなか良い感じでして、
    今のところは手が寒くて困るということはないです。手袋としては、0度対応の普通の手袋よりも
    薄いので、ハンドル回りに取り付けたGPS類の操作もスムースです。今年はこの組み合わせで
    乗り切れそうですわ。

    by bakky €2016 年 1 月 30 日 17:27

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)