ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

谷川米穀店

time 2007/02/10

sponsored link

超有名な行列店は今までのツアーで大体回ったので、残る数店の一つである谷川米穀店に行ってきた。場所は徳島県境の山の中にひょっこりと現れる。12時ちょっと前に到着したのだが、異様な路上駐車と行列ですぐ分かった。

20070210_1.jpg

まぁ、上のような感じでズラーっと行列しているのである。これだと1時間近く待つんだろうなぁ、と思ったが行列の鉄則としては「悩むのは並んでから」である。どうせ飛行機までの時間はタップリあるし、ということで並ぶ。

5分ぐらいしたら「本日は終了しました」と書いたうちわを持って店の人が出てきた。俺らの後ろ5人ぐらいで終わりということなので、ラッキーだったなぁ。営業時間は下の写真にあるように11時から13時と2時間だけで、12時までの行列で終了。この後も続々とやってくる人がトボトボと帰るのを見ました。

今までのうどんツアーでは正直こういう行列には出くわしたことがなくて拍子抜けだったのですが、流石に3連休ともなるとすごいですね。ちなみに谷川米穀店で食べた後に、13時過ぎに山越の前を通ったんですが超行列で凄いことになってました。

20070210_2.jpg

並んでから40分程度でようやくこの位置まで。終了というアナウンスは出てますが、正確にうどん玉と客の数をカウントしているわけではないので、最後のギリギリのころを狙ってやってくる強者も何人かおりました。

ようやく店内に入るのですが、ここは1玉105円である。谷川にはダシとかトッピングの天ぷらなどは置いてない。俺は釜揚げの暖かい麺をもらって、ネギ、醤油、酢、青唐辛子の佃煮でいただく。

20070210_3.jpg

写真の上にちょっと乗っているのが名物の青唐辛子の佃煮である。この分量でも強烈に効くぐらいに辛い。冷たいうどんにした同行者はダシがないうどんが苦手でイマイチということであるが、釜揚げの暖かいうどんにこの佃煮が効くのなんの。

1時間待って食うか?といわれれば疑問だが、柔らかめのうどんも好きな俺としては、待たずに食えるならばまた着たい店です。店を出たときはイマイチだったのですが、後からジワジワと青唐辛子の魔力にやられた感じです。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)