ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

ドラム式洗濯機の買い換え

time 2012/07/09

sponsored link

約10年ほど使っていたドラム式洗濯機が故障しました。我孫子に引っ越したばかりの頃、凄く仕事が忙しくて毎日終電帰りという日々が続いたときに購入したものです。洗濯をしても干す手間が要らないというのは非常に便利でして、更にタオルとかの洗濯物がフックラ仕上がるし、生地も傷まないということで服が長持ちするようになりました。まぁ、ノントラブルだった訳ではなく途中ドアロックの調子が悪くなって、洗濯を始める時にちょっと蓋を押し込んでロックさせたりする必要があったりしました。

もっとも10年前というのはドラム式洗濯機がまだ普及し始めた頃でしたので完成度も低かったのでしょう。排水が詰まるとか、色々と細かいトラブルはありましたが、大きな修理はすることなく10年を迎えたのであります。残念なことにヒーターが完全に故障したようで、乾燥機能が使えなくなってしまいました。そのときにちょっと型番で検索してみたら3年前に「発火の恐れあり」ということでリコール対象になっていた機種でした。まぁ、リコール部分を修理してもらってもヒーターが直るわけではないですし、1年ぐらい前にも「買い換えが必要かなぁ」というようなトラブルもありましたので、今度はおとなしく買い換えることに。

ドラム式洗濯機はサンヨーがPanasonicと合併したこともあり、東芝、日立、Panasonic、シャープあたりがメジャーですが、狙いはヒートポンプ式の乾燥が出来る機種で出来るだけ安いモデルです。今まで使っていたのは東芝のヒーター式でしたが、最大2000Wぐらいの電気を使うことがあり非常に電気を食います。ヒーター式は洗濯物をドライヤーで乾かしているようなものですが、ヒートポンプ式はエアコンと同じで熱交換機による温風と除湿で乾かすのです。ヒートポンプ式はヒーター式の半分のワット数で済みますし、ヒーター式よりも温度が上がらないので洗濯物にも優しいようです。

さて、どのメーカーにするか?ですが、シャープの白物家電はあまり印象にないのでさっさと除外。Panasonicはヒートポンプ式のモデルがとにかく高いので脱落。東芝と日立は自社でモーターとかから作ってそうなので更に印象アップで、しかも割と廉価なヒートポンプ式のモデルがラインナップされています。

日立の場合、量販店向けの機能を絞ったヒートポンプ式のモデルがかなりお買い得で8万円台で購入出来そうです。東芝もヒートポンプの最廉価モデルは9万をちょっと切るぐらいのお値段で日立との値段差は5000円ほどで非常に悩みます。で、結論からいうとこれまでと同じ東芝のTW-Z370Lというモデルにしました。

決め手は日立の廉価モデル(BD-V3400L)よりもコンパクトな本体であるということと、こちらの方がデザインが好みということでしょうか。上の古い機種は洗濯6kg、乾燥4.5kgですが、現在の主力モデルは洗濯9kg、乾燥6kgということで本体自体は大型化しているんですな。日立とかPanasonicはマンション向けにスリムなモデルも作ってますが、日立のは割高、Panasonicのは小さいのは良いけどスペックは一昔前ということが気になってスリムモデルは除外しました。

ドラム式洗濯機の購入を検討している人は必ずカタログをもらってきた方がいいです。防水パンのサイズとか設置についての注意が詳しく載っているので、それを片手にメジャーで採寸して収まるか確認しましょう。ウチの防水パンは日立でも東芝のモデルでも入りそうでしたが、日立のヤツだと浴室のドアを通れるかギリギリだったんですな。東芝だと7cmほど余裕があったので、実際の搬入でも業者の方が苦労している様子はなかったです。

さて、今回は単純に価格で通販にする、と当初から決めてました。一応、店頭でも数店舗で価格調査したんですが、やはり値段差はいかんともしがたいです。さて、通販業者の場合、設置費用とか古い機種の引き取り手数料、配送料などもちゃんと考慮しないと割高になります。今回はA-PRICEという業者さんを使いましたが、送料が3000円かかるものの設置費が無料、古い機種の引き取りもリサイクル費の実費のみでOKでした。更に決済にクレジットカードが使えるというのは、この手の安売り業者にしては珍しいです。価格だけなら同じような値段を提示する業者はありましたが、設置も含めるとA-PRICEさんが最も安かったです。

オーダーしてからメールで設置についてのやりとりを1回しただけで、あとは指定日に業者の人が取り付けに来ました。これまで使っていたのがドラム式っていうことで、ドラム式にありがちな説明が不要ってことでアッサリと取り付けてもらいました。業者の人が「脱水だけしたいときは、一度洗濯のみのモードにしてから出ないと脱水が選べないので注意」というのだけを念押ししていきました。

さて、今度のドラム式はこれまでに比べるとドラムが水平ではなくてやや斜め上に付いてます。なので、洗濯している様子が丸見えで楽しいですな。まぁ、仕上がりに関しては今までに比べると洗濯物がアツアツじゃないぐらいで、ほぼ同じような仕上がり。ドラムが大きい分シワは伸びやすい印象ですが、基本的にはこれまでの機種と一緒です。前の機種が壊れていた2週間の間、久しぶりに洗濯物を部屋干ししましたが、面倒くさいことよりもシワだらけでゴワゴワに仕上がるタオルとかに愕然してましたので、やっぱりドラム式は一度使うと止められないですな。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)