ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

EASTON EA90のスポーク切れ

time 2012/06/11

sponsored link

昨日の朝練ではリアタイヤの空気漏れやクリートのネジゆるみなどのトラブルが出ましたが、帰宅してからメンテナンスしているときにリアホイールがブレている事に気がついた。リアがグネグネしていたのはタイヤの空気漏れだけじゃなかったわけですな。そーいえば、坂でダンシングしているときにビキン!っていう嫌な音したわ(笑)

という訳でEASTONのEA90ですが、お値段の割に見た目がカッコイイしリム剛性が高いんですが、スポークのテンションが高いのでスポーク切れのトラブルをよくblogなどで見かけます。特に私のような重量級ライダーの場合には顕著でしょう。重量級の人はきしめんスポークのMavicのキシエリあたりを選んだ方が良いでしょうね。ただ、EA90のリムの剛性の高さは流石で、一本ぐらいスポークが切れたぐらいで走行不能になる事はありませんでした。

ちょいとバラして構造を調べてみましたが、ニップルの構造は普通の手組ホイールと変わらないので自力で修理出来そう。使われているSapimのスポークも汎用品(一本300円ぐらいしますが)なので、一本売りしてくれる通販のお店で黒ニップルとともに注文すれば500円ぐらいで部品が手配出来そう。とりあえずまた切れる可能性を考慮して2本ぐらい予備があってもいいかなぁ。もっともこだわらなければ、手持ちの丸スポークでも長さが合えばそれでもいいかなぁ。一本ぐらいエアロスポークで無くても、色味が一緒ならばよく見ない限り気がつかないだろう。

WH-6700のニップルとかキシエリのきしめんスポークは修理時に部品の入手が面倒くさそうなので、こういう時は汎用品で手に入るスポークが使われているのはありがたいです。とりあえず今晩あたりにバラしてスポークの長さを測ってみて、手持ちのスポークが合えばそれで修理、合わなきゃ長さ計ってSapimのスポークを注文することに。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)