ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

CrankBrothers candy1

time 2012/02/27

sponsored link

一度ビンディングペダルに慣れて立ち転けの恐怖が薄れてくると、どうせならロード用のガッチリ固定出来るSPD-SLを愛用するようになっていました。クリートカバーを付ければそれなりに歩けますので、輪行で出かける時もSPD-SLのシューズにカーボンソールでカツンカツンと音を立てながらペンギン歩きしてました。危ないのでおすすめはしませんが、車の運転も可能でした。

SPD-SLは構造上、片面でキャッチするため填めにくいという難点はありますが、面で支えているので長時間走っても足の一点が痛くならないのがSPDとの違いです。填めるときにパチンという音で確実にハマっているのが分かります。SPDでマルチリリースのクリートなどを使っていると、思いっきりダンシングをしたり引き足を使った時にちょっと足をひねってしまい、すっぽ抜けて外れたことがあります。SPD-SLが面でキャッチしているのに対して、SPDは金属の部品でちょっとだけ引っかけているような感じでどうもハメた時の感触が好きになれません。

とはいえ、昨年Cervelo R3が増えた事により、Felt F4は輪行用ロードにすることにしました。ちょっと出かける時にSPD-SLのシューズはやっぱり歩く時に不便ですし、見た目的にもベルクロ止めなシューズは悪目立ちします。Felt F4の方はSPD-SLではなくSPDのペダルにしようかな?とPD-A520というロード用の片面キャッチのペダルを付けたのですが、やっぱりイマイチです。どうも金属なのにグニュっとハマって、グリっと外れるSPDの感覚がダメです。更に片面キャッチじゃSPDのメリットは薄いですよね。

先に記事にしたチューブレス化でJENSON USAでCrankBrothersのCandy 1というペダルが特売で$40を切る値段になってました。このペダル、両面キャッチな上に軽量で熱狂的な支持者も多いので気になっていたんですよ。この値段なら試してみようと一緒にオーダーします。早速Felt F4のペダルをcandy 1に交換してみました。

クランクブラザーズ Candy1

元々はMTG用のペダルなのですが、ちょっと踏み面があるのがCandyシリーズです。殆ど棒みたいなEggBeaterはどの方向からもキャッチ出来るのが売りですが、両面キャッチでも十分でしょう。SPDもそうなのですが、下の写真の様にクリートがソール面の間に来るので慣れるまではSPD-SLよりハメにくいと思います。しかし、SPDに比べればコキっとハマる感じは悪くない。足の自由度は高いですが、しっかりと繋がっている感じがあって好印象です。

まだあまり乗り込んで居ませんの現時点で評価を下すのは難しいです。特に長い距離乗ったときに一点で支えている事から来る足の裏の痛みが出るかどうかは大いに気になるところ。SPDでブルベなどに出ている人も結構見かけますので、100km以上のライドで一度試して見るかな。

クランクブラザーズ クリート

今回、3300円ほどで購入出来たのはラッキーでしたが、この構造などからすると通常価格はやや割高です。特にクリートが高いので、予備としてもう一個ペダルを購入しておきました。もっともこの値段なら使わなくてYahooオクに出しても損しないだろう、と相場しらべたら転売している人が結構居ますね。

MavicのSPDシューズ

ちなみにちょっとしたお出かけの時に使うSPDシューズはマヴィックのヤツ。Slaneでセール価格の時に購入してしばらく使ってなかった物です。パッと見た感じでは自転車シューズっぽくないのがよいですし、普通に歩けて脱いだり履いたり出来ます。もう少し暖かくなってきて輪行シーズンを迎えたら活躍してもらおうと思います。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)