ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

2010年 讃岐うどんツアー 2日目

time 2010/02/13

sponsored link

2010年の讃岐うどんツアーの2日目であります ヽ(´ー`)ノ

今年は讃岐うどんツアー1年目に購入した全店舗攻略本が2005年度版で古くなってきたので、旅の最中に2009年度版を買おうと思っていたのですが、どこの書店にも見あたらずにガッカリ。最後に寄った高松空港内の書店にあって、流石にこれから帰るのに2009年度版を買うのはイマイチ。そのうち更新されると思われる2010年度版を待つことにしました。

まぁ、ある程度のうどんの知識はあるので、今回はレンタカー屋においてあったうどんガイドの小冊子とPCの情報だけで回りました。このうどんの小冊子がそれなりに良くできてまして、ある程度有名な店は押さえられてます。後は「名前は聞いたことあるけど行ったことの無い店」を中心に攻めればよいわけです。

今日の一店舗目は、昨日閉まっていて利用出来なかった観音寺の「上戸」に再チャレンジします。8時の開店直後を狙えば大丈夫だろうと、車と愛媛県境へと走らせます。

またもや閉まってました・・・ヽ(;´Д`)ノ

お店に人影はないですし、張り紙もありません。昨日と全く同じ状態なので、昨日も初めから営業してなかったのかな? 店内は鍋やテーブルなどもそのままの状態で、閉店したという感じではありません。なにか事情とかあったんでしょうかねぇ・・・ネットで調べても閉店した、というような情報は得られず。ここのいりこダシ&ゲソ天を楽しみにしていたんだどなぁ。

気を取り直してディープな有名店ながら行ったことの無かった、まんのう町の「山内うどん」を目指します。系統としては、飯山町の「中村」と並ぶ、あやしげでディープなうどん屋です。まんのう町という事でやや郊外ですし、お店も怪しげな山の麓っぽいところにあります。

やったー、怪しさ全開でわざわざやってきた身としては、素直にこういう店構えだけでうれしくなっちゃう「やまうち」でありました。

残りは続きの方で・・・

うどんをゆでる燃料と思われるマキが大量にストックされています。周りは竹林でございまして、なんとも気持ちの良いロケーションでございます。

店内はこんな感じ。9時の開店直後という事で空いてました。ここの巨大なゲソ天を3つほどおみやげにしたいと言うと、おばあちゃんが袋をくれました。うーん、何ともいえない良いアジのあるお店であります。

うどんもシャッキリとした麺で大変美味しゅうございました。ここでもう一杯食べたい気持ちを抑えるのが、いつもながら食べ歩きの辛いところですなー。

「やまうち」のうどんに満足して、つぎは必ず行く「彦江製麺所」のある坂出市に車を向かわせます。

ここは一番多く行っていることもあって、写真はうどんのみ。初めて行った5年前とお店の様子は全く変わりません。ただ、当時よりお客さんは増えましたねぇ。ここは場所も分かりやすく、駐車場も広く、麺は腰の強さが凄いので利用しやすくインパクトがありますからね。今回はゴボウ天をチョイスしてみましたが、これがなかなか美味しゅうございました。彦江の1玉は他の店より量が多く、140円という値段でおなかいっぱいになりますヨ。

さて、ここで割とおなかも満たされてきたので、次はちょっと遠方にしましょう。どこかのBlogで見かけて気になっていた三豊市の「SIRAKAWA」に足を伸ばします。やはりこの店、ネーミングが秀逸で印象に残りやすいのが良いですな。

まだ新しいお店のようで、プレハブですが綺麗な外観でした。場所は通りからちょっとだけ入るのですがよく見ていれば「うどん」という看板があるので分かります。駐車場も8台分ぐらいあるので利用しやすいお店なのですが、営業時間が短いんだよねぇ。

店内はこんな感じ。名物のちくわ天はオーダーが入ってから揚げてくれます。セルフのお店などからすると、ちゃんとオーダーしてから作るんで時間はかかりますが、仕事は非常に丁寧です。どんぶりをちゃんと温めてくれますし、なかなか丁寧な仕事してますなー。

ここで俺の大失敗は日替わりの肉うどんにしてしまったところである (;゚д゚)ァ….

圧倒的に同行者が頼んだちくわ天が旨そうだ。麺が中細のスラッとした麺で好みだったのに、肉の味が支配的になってしまうんだよ。ここは素直に冷たいぶっかけうどんwithチクワ天にしておくのが正義だったんだ。ああ、旨かったのにもったいない、という訳で絶対にもう一度来たいです、ハイ。

おみやげうどんが良心的なお値段だったので、1000円分ほど買う。これで、うちに帰ってもしばらく楽しめそうだ、うひひ。

これで時間は12時過ぎとあいなりまして、おなかもかなり一杯になりました。今回の飛行機の時間は19時なので普段より遅めであり、まだまだたっぷり時間があります。今回はさぬきうどんにとどまらず、徳島ラーメンも食べてみようというテーマがありましたし、個人的に徳島であるものを購入したかったのです。

そんな訳でいつも通り鳥坂まんじゅうで買い物をして、善通寺のICから高松自動車道に乗ります。

高松自動車道ですが、明らかに交通量が増えていたのは1000円高速のおかげですかねぇ。という訳で津田の松原SAで一休み。そういえば昨日のニュースで宇高連絡船の流れを汲む宇高フェリーなどのフェリー業者がこの春で廃線を申し出たんだそうな。このニュースを現地で聞くと思いませんでしたが、利用したことがないのでコメントは控えます。ただ、以前に比べても明らかに高速道路の交通量は増えていたし、うどん巡りで神戸やら和泉、岡山など橋で地続きのナンバーをよく見かけました。

徳島までは高松自動車道の板野ICでおりて、そこから下道で吉野川を渡って徳島市を抜けて小松島市を目指します。

今回の徳島での目的の一つは、フィッシュカツを買うことであります! という訳でフィッシュカツの製造元である津久司蒲鉾さん←注意 音が出ます)までやってきました。

フィッシュカツは魚の練り物を延ばして、それにカレー味をつけて衣をつけて揚げたものです。徳島では普通にスーパーなどで買える日常品のようですが、TVやデイリーポータルZなどで紹介されて凄く気になっていたんだヨ。練り物大好きな俺としては見逃せないのであります。1枚90円と激安でございまして、10枚ほど購入してきました。フィッシュカツそのもの写真は後ほど。

ちなみにこの津久司蒲鉾ですが、思いっきり海沿いにあります。レンタカーを止めたのが写真の場所で、目の前では船をドックで修理してました。

ここで時間的には14時半ぐらいであり、まだまだ時間があります。もう少し小腹が空いたらラーメンぐらいなら食えそうだ、ということで高松空港に向かう途中にありそうなラーメン屋を同行者にPCで検索して貰います。ちなみにここでもイーモバイルは圏外で使いものにならず(笑)

そんな訳で向かったのが徳島県吉野川市にある有名店である「王将」です。小松島市から下道だタラタラと1時間ちょっとぐらいで到着しました。流石に15時過ぎともなれば空いています。

とにかく値段が安い。大盛りで50円しか違わないし、チャーシューがどっさりのっても+100円です。周りではラーメン大盛りwith焼きめしなどというオーダーをしていた人もおりました。この店で食べ歩きも終わりだ、という事でがんばってチャーシュー麺大をオーダーしたのであります。

ドドーンと出てきたのが、このチャーシューの山 (;゚д゚)ァ….

大と小でどんぶりの大きさはあまり変わらないんですが、とにかくチャーシューが多い。

麺を掘り出してみると、やはりストレートのやや細麺。スープは牛のダシが入っていると思われる、とろみのある濃厚な味。しかし、これが旨いのでありますヨ。こういうとろみにある濃厚の味というと関東だと横浜家系ラーメンが思い出されますが、麺の系統が全然違うし、ダシの感じも違う。ってな訳でうめぇ!って感じ完食してきました。

後は1時間ぐらい高松空港まで車を走らせて、時間の余裕をもってレンタカーを返却。高松空港からバビューンと羽田に帰ってきてツアー終了であります。今回の走行距離は約500kmでしたが、ガソリン代は5000円もかからなかったなぁ。うーん、今回のレンタカーはアクセラだったんですが小排気量車は燃費がいいねぇ。2日間で9750円で借りられたので、何するにしても2月は料金が安いのでオススメです。

今回のツアーパックではJALのお店で使える2000円のクーポンがあったのですが、高松空港では使えなかったので羽田のJALの売店で普段買わないようなおみやげを買ってきました。うーん、色々とお得なパックでしたな。

さて、これ以降は買ってきたおみやげなどです。

三豊のSIRAKAWAのおみやげうどんです。左の二人前が300円、右の2人前x2+ダシのセットが700円でした。いつもなら彦江で予約して生うどんを買うんだけど、今回はちょっと違うのが食べてみたかったんだよね。

彦江の近くにあったスーパーで買ってきた現地の練り物と山内で購入したゲソ天。鯛ちくわが3本入って98円と安かったですし、あとは現地でしか買えない細長いすり身、いわゆる現地で「天ぷら」っていうやつね。左上のビニール袋のうどんは、流石に彦江の近所という事で彦江のゆで麺が置いてあったのを買ってみた。やっぱり延びきってしまっていて、おみやげとしてはイマイチなのかな?

お次はフィッシュカツ10枚とエビ団子(2個おまけしてもらった)。フィッシュカツですが、かなり大きいのが10枚なので重いです。一枚90円とコストパフォーマンスはなかなかです。四国は魚の練り物製品が美味しいですねぇ。

早速、半分に切って暖めてみました。大きいんで半分にしないと我が家のオーブントースターに入りませんでした。

予想通りのカレーとすり身のチープな味! 感激であります! ヽ(´ー`)ノ
これだ、期待していたのはこれなんだよ!

くそう、10枚といわず20枚買えば良かった・・・ヽ(`Д´)ノ 

ウスターソースかけて食べても美味しいし、細切れにして炒め物に混ぜてもいけそうだ。っていうか、俺はこれを卵とじにしてカツ丼を作ってみようと思う。

だれがなんと言おうと俺はそれをやるぞーー という盛り上がりをもって、今回の讃岐うどん&徳島ツアーは終了。たぶんまた来年の2月ぐらいに行ってきます。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)