ばっきーのテキトー日記

独自ドメイン(bakky.jp)を取りました。主に自転車のお話などテキトーに書いてます。

上野 カドクラ

time 2009/11/15

sponsored link

上野の危険地帯というエントリーで紹介したのが、たきおかの向かいにあるカドクラという立ち飲みのお店であります。

外観はこんな感じ。入りやすさではカドクラが一歩リードです。こちらは今年出来たばかりみたいで綺麗です。

中も綺麗で客層も若い人が多いです。たきおかはオヤジがズラーっと並んでますからね。まぁ、あれはあれで居心地悪くないんですけど、一般的にはカドクラの方が利用しやすいでしょう。

ちなみにメニューはこんな感じ(メニュー1メニュー2

ホッピーが安いのがうれしいですね。

個人的な定番、味噌キャベツ。ここのは味噌が美味しい。

カドクラハイボール(350円)。ハイボール類はこのステンレスのジョッキで提供されます。黒糖ハイボールとか、いろいろと試してみたいメニューが多いぜ。

たきおかにはない鉄板炒め系のメニューである、ホルモン炒め(300円)。値段の割に量も多いです。鉄板前で見ていると、一番人気はトマトのチーズ焼きかなぁ。

カドクラといえば個人的にPushしたいのが、このスジ煮込み丼(普通400円、写真のは大盛りで450円)。上のスジ煮込みを半分ぐらいをツマミにして、残りを〆で食べる。かなり安くあがっておなかいっぱい(でも太るなぁ?)。

たきおかとカドクラの比較ですが、暇な時に駄文書きためていたので、続きに載せておきます。

先日のエントリーで少々記載しましたが、上野アメ横内に向かい合わせで存在するキャッシュ・オン・デリバリーの立ち飲み2軒を比較してみましょう。

この2店、若干の値段の違いはありますが基本的によく似ているお店です。その日の気分に合わせて選ぶのが良いでしょう。それぞれのお店でキラーコンテンツとなるメニューがありますので、それらを比較して、私の独断と偏見で語ってみましょう。

1.たきおかのモツ煮込み(150円)

どちらのお店も一皿150円と激安なのですが、味、量共に「たきおか」の勝利。カドクラには150円でスジ煮込みがあり、たきおかには肉じゃががあります。この150円の煮物皿の勝負はかなりのハイレベルですなぁ。

2. たきおかの野菜天(150円)

かなりハードでガリガリに上がっている野菜のかき揚げ天ですが、これが150円と安い割には意外とおいしいのです。カドクラで揚げものというと250円のハムカツがありますが、コストパフォーマンスで負けてしまいます。この野菜天は個人的にはたきおかの大きなアドバンテージだと思います。それだけに品切れに当たるとガッカリする。

3. カドクラの肉みそキャベツ(250円)

生のキャベツに味噌が添えてある一品で、同じようなものはたきおかにもありますが、これは味噌の美味さとキャベツの量でカドクラが圧勝。ちょっとピリ辛な味噌が良い感じなのです。この2店以外を見まわしても、カドクラの肉みそキャベツはレベルが高いです。

4. カドクラのホッピー(セット350円、ナカ150円)

これは純粋に値段の勝負となります。たきおかはセットが380円、ナカが200円ですからカドクラの方が安いです。カドクラはホッピーの白、黒のどちらも選べますが、たきおかは黒のみです。サワーの値段は300円を中心にほぼ互角ですが、若干たきおかの方が安い。私はホッピー愛好家なので、カドクラを上に置きましたが、他の酒が好きな人には逆になる可能性があります。

5. たきおかのなめろう&串物(200円&2串200円)

魚介類の皿の安さと串物の質については、たきおかの方が一枚上手です。特に串物については、カドクラで一回オーダーしたら、いまいちだったのでそれ以降オーダーしていないです。串物はカドクラは2本300円が基本ですが、たきおかは2本200円が基本で値段も全然違います。そしてアジのなめろう、まぐろのなかおち、アンキモといった魚介類の一品はたきおかの勝利です。

6. カドクラの鉄板物メニュー(300?500円)

カドクラには鉄板焼きのメニューがあり、トマトのチーズ焼き(300円)、ホルモン炒め(300円)、焼きうどん(450円)などが楽しめます。特にトマトのチーズ焼きは人気の一品のようです。たきおかにはこういった炒め物のメニューは少ないです(主に作り置きなので)

7.たきおかの煮物メニュー(180?200円)

厚揚げ、たけのこ、かぼちゃといった煮物メニューが豊富なのがたきおかの利点です。一皿180円で、作り置きしてあるからオーダーしてすぐ出てきます。これが安い割には、良い味をしています。立ち飲みはスピードも重要ですから、頼んですぐ出てきて美味いのは重要。逆にカドクラはオーダーしてから作るものが多いので、これはこれでメリットもある。

8. カドクラの牛スジ煮込み丼(400円)

カドクラにはご飯ものがメニューにあります。ご飯ものがあるのはカドクラだけの大きな利点です。煮込みとして最初に紹介したモツ煮をかけたモツ煮丼、そして牛スジを柔らかく煮込んだスジ煮込み丼が400円(大盛り50円増し)とリーズナブルです。俺的には、つまみも兼ねてスジ煮込み丼をオーダーします。具の半分ぐらいをつまみにして飲んで、残りの具でご飯を食べて満足して帰るのが凄くお勧めです。

9. 入店のしやすさは互角?

たきおかはどんなに混んでいても強引に席を作ってくれる。逆に「こんなに狭いところで飲ませるのか?」という事になるケースもある。接客が荒っぽいし、客層は男性中心だ。カドクラは比較的ゆったりしており、立ち飲みでもゆったりと飲める。今のところ、入店のしやすさではカドクラが一歩リードだが、これは新しいお店だからまだ常連が少ないという事でもある。

10. 結論として

どっちの店も甲乙つけがたい特徴があるのは上記を読んでもらえれば分かると思います。個人的には気分によって以下のように決めてます。

・お金をあまり使いたくないとき

たきおかに入店して、モツ煮込み、野菜天、レモンサワーを一気に頼みます。お代は590円と安い定食並みです。ここの野菜天はボリュームありますから、これで満足なんですよね。ちょっと足りない時には店を出て、肉の大山でやみつきメンチ(100円)を追加で頼めば690円で満腹&ほろ酔い。

・お金を使いたくないけどお腹が減っているとき

これはカドクラがお勧め。ホッピーセット+中お代わり、スジ煮込み丼大盛りで950円で済みます。2杯飲めて、ご飯も食べられるのに1000円で足りるのが最強です。消化を考えて肉みそキャベツを追加しても1200円です。

・時間が無い時

たきおかにいって串物を頼まなければ、あっという間に出てきます。居心地があまりよくないこともあって(笑)、15分ぐらいで出てこれます。

・立ち飲みに不慣れな友人を誘う時

これはカドクラ。たきおかは初心者にはカオスすぎます。上級者にはたきおかが良いですが、混みすぎの時でも強引に詰め込まれるので窮屈になる恐れありです。カドクラなら路上にもスペースがあり、比較的ゆったりと飲めます。鉄板焼きなどは2人で分けて食べた方が色々楽しめますしね。

・長時間飲む時

これはハシゴ酒をお勧めします。最初はたきおかに入店して、たきおかでのみ頼める料理を堪能しましょう(主に串物など)。ホッピーは頼まずに、たきおかで安いハイボールやサワーを中心に飲みます。ここではまず下地を作るのが目的なので800円を目安に切り上げて、おもむろにカドクラに入店します。ここではじっくり飲みますので、ダラダラと摘まめる肉みそキャベツは必須です。そしてホッピーをダラダラと飲むのがよいでしょう。〆はスジ煮込み丼でもよいですが、クラウンエースのカレーでもよいでしょう。この場合、かなりのカロリー摂取となりますので利用は計画的に。目安としては2500円もあれば十分かと。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

月別アーカイブ

このBlogについて

2010年から始めた自転車が楽しくて、ブルベなどのロングライドと飲み歩きなどが中心の日記です。2015年はオーディオ関係の一新を予定しており、いきなりオーディオの話題が増えます(笑)

我孫子→横浜と転居して、2013年夏から武蔵小山に引っ越しました。2013年、2014年とSR達成、ブルベ参加者の中で一番の重量級を自負しています(笑)